ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

カレー。

a0050669_0545762.jpg
前日のリベンジじゃないが、カレーを食べたい衝動に駆られて天竺さんへ。
マンスリーの「ラムの煮込みとほうれん草のカレー」、美味。
辛さは5倍にしてみたが、まだまだイケル。次は10倍くらいにしようかな。
by younotame | 2012-01-31 23:59 | etc... | Comments(0)

伊勢。

午前中は某ビル出動で久しぶりの単純作業を2時間ほど。
昼からはデスクワークに励む。

a0050669_0485546.jpg
シゴトが落ち着いたところで、麻里の店を訪問。
実はとかちマッシュとなたね油の余ったものをゲットしていたので、お店にお裾分け。ついでに、というわけでもないが、十勝アヒージョの作り方を伝授。しばらくは、麻里の店で振る舞われることだろう。

a0050669_0581923.jpg
「オオミヤに渡すの忘れてた」と麻里が取り出したのはお守り。札幌で年越しした際に買ってきてあったものらしい。ラスタカラーの交通安全お守り。なんだかカワイイ。
そのお守りが入れられていた袋を見たら、なんだか見覚えのあるマーク。あれ、伊勢神宮のマークやん?札幌の神社名は覚えられなかったが、伊勢と関係がある神社だったようだ。オオミヤと伊勢の関係は麻里も知らないわけではないが、偶然のこと。やっぱ、自分と縁のある土地なんだと改めて実感。ありがとう、麻里。

本当は麻里の「焼きカレーを食べたい」という欲望があったのだが、食べることなく約6時間呑み続けてしまった。久しぶりのアルコール注入だったのだ。
by younotame | 2012-01-30 23:59 | etc... | Comments(0)

十勝アヒージョ。

a0050669_039191.jpg
氷まつり最終日。ほとんど会場にいられなかった。

以下、Facebookに記載したことを転載。

49回目のおびひろ氷まつりが終わりました。
自分はシゴトの関係で20ウン歳の時から関わっているので、たぶん20回目の氷まつり。思い出も思い入れもたくさんあるイベントです。今はシゴトではなく、実行委員会の一員として、協力団体(2つ掛け持ち)のメンバーとして、そして、ただ単にこのイベントが大好きな一般人として、4つの立場で関わっています。

今回もこのイベントを通して、たくさんの出会いがありました。
一番の収穫はやっぱ「十勝アヒージョ」でしょうか。「とかちマッシュを使ったメニューを提供したいね」という仲間うちでの雑談が、あれよあれよと大きくなって、とかちマッシュの鎌田きのこさん、音更なたね油生産組合さん、十勝横綱にんにくのK's FARMさんの協力があってメニュー化に漕ぎつけました。初めての試みで課題も残りましたが、帯広産のマッシュルームやにんにくがあること、地元産の菜種油があること、それら...を使って「アヒージョ」という料理がつくれることを、多くの方に知っていただけただけでも成功だったかなと思います。

ココで繋がっているみなさんも、しつこいくらいにUPした情報をシェアしていただいたり、コメントを寄せていただいたり、そして、会場に足を運んで食べていただいたり、本当にありがとうございました。感謝感激です。

来年は50回目の節目となる「おびひろ氷まつり」。
来年も会場のどこかでオオミヤがうろついているはずです。また、氷まつりの会場でお会いしましょう。
by younotame | 2012-01-29 23:59 | etc... | Comments(0)

冬の花火。

a0050669_0354299.jpg
15時半頃まで会場にいたのだが、夕方のピークを前にシゴトへ出陣。
冬の花火はネット中継で見た。カメラワークに難点があったが、音と照明と花火の演出はお見事。一度は現場で見てみたいぜ。
by younotame | 2012-01-28 23:59 | etc... | Comments(0)

氷。

a0050669_035626.jpg
このランタンのキャンドルに火を灯す役割があったのだが、YEG味覚コーナーの当委員会はめっちゃ人員不足。売れて売れて大変!というわけでもないのだが、これ以上ブースの人員を減らしてしまうのは心が痛い。なので、隣のブースで余裕をかましてたコブタ姫を代打で投入。コブタ姫はとデ振でも新人。気晴らしにもなっただろうし、楽しそうにやってたなぁ。

YEGが解散してから、会場内を散策。
初の試み「大人のための氷まつり」でタワー前の氷のカウンターにはバーが出現。大繁盛といえないものの夜の氷まつりを楽しむ人だかりができていた。夜間開放したかちまいさんの滑り台も、大人のために開放。それなりに楽しんでいる人たちがいて微笑ましい。

a0050669_042136.jpg
氷彫刻展の会場では、氷彫刻家が厳しい寒さの中で最後の追い込み。翌日の朝がタイムリミット。寝ずに製作に励む人も多いと思う。

上の真ん中は世界で最高賞を総ナメしている市内岩内町の中村順一さんの作品。鹿の頭に立派な角を取り付けている最中だった。なんとも神業的な作業中。見事なバランスで鹿は今にも走り出しそうな感じ。すごいなぁ。
中村さんとの付き合いは古い。彼は農家を営んでいるのだが、氷彫刻をはじめたばかりのころに、名刺制作の依頼が来て担当させていただいた。厳冬の寒さの中、雪と氷と格闘している最中で名刺交換をすることが多い。だから、紙ではなく濡れた手でもOKな材質のもの。しかも氷をイメージするような色合いのもの。そんなリクエストだったはずだ。トレーシングペーパーに印刷し、さらにラミネートのような加工をして仕上げたように記憶している。

右上の作品はいつもお世話になっているホテルの洋食レストランシェフのもの。いつも女性の裸体をテーマにしている方だが、帯広での大会には自分の子どもの友達が見にやってくる。「○○くんのパパ、オッパイつくってる!」と言われてしまうらしい。そんなわけで初の抽象的な作品なのだが、自分的にはとても好きな作品。小さな四角を繋げていく作業を見てみたかった。

左下はシゴト仲間K氏の作品。
彼はかちまいの大氷雪像の制作に携わって長い。たまたま、大会参加者にキャンセルがあって、台座が一つ余ってしまったそうだ。で、氷彫刻会帯広支部の人たちに助けていただきながら初チャレンジしたらしい。ハーブの弦一本一本がきちんと独立していて、お見事。いいなぁ。来年は自分も氷彫刻をやってみたい。(って毎年言っているような気がする)

赤いのは一ノ瀬さんの作品だったかな。
裏彫りという手法で掘られた龍のレリーフ。掘った溝に雪を積め、裏側から見ると立体的な龍になるという仕組み。文字や絵を彫りそこに雪を積め、線画などを表現することはあるが、裏彫りというのは初めて見た。ちと感動。

氷の世界。いいなぁ。
by younotame | 2012-01-27 23:59 | etc... | Comments(0)

いよいよ開幕。

a0050669_237149.jpg
怒濤の三日間が始まる。準備期間、ほとんど何もできなかった分、頑張らねば。
by younotame | 2012-01-27 07:10 | etc... | Comments(0)

氷とあかり。

朝イチで氷まつり会場へ。
市民氷雪像コンクールの審査員という大役をいただいたのだ。
さすがに何度も出場しているチームは場慣れというんだろうか、創造性や独創性、技術的にも優れていて、群を抜いている。でも、他のチームだって、素晴らしいアイデアがあったり、努力が感じられるものがあって、優劣をつけるのは難しい。

a0050669_22542916.jpg
冷えたカラダを温めるために馴染みの蕎麦店へ。

a0050669_22544830.jpg
午後からは「全国あかりサミットin帯広」に出席。
あかりを使ったまちづくり、地域振興をしている地域が集まってのサミットで、第6回目となるのだが北海道での開催は初。しかも冬の開催も初。氷まつり会場には、このサミットに参加している地域のあかりオブジェの展示もなされたのだが、幻想的な空間だった。
中には派手なイルミネーションを施している地域もあるのだが、大半はロウソクを使ったランタンや灯籠など。あかりは人のココロを和ませる効果があるのだと改めて実感する。

そして、夜はとデ振のアイスランタンタワーの最終仕上げ。
このタワーにも明日以降ロウソクのあかりが灯る。多くの人に喜ばれるとイイのだが。
by younotame | 2012-01-26 23:59 | etc... | Comments(0)

SG。

a0050669_22494026.jpg
1月23日発売の某誌はこんな感じだったのだ。

巻頭はYEGの仲間うちの会社。厳しい業界の中で生き残るための取り組みについて触れた。もう一つは図書館。コンビニや書店で手にお取りくださいませ。……といいたいところだが、既に次号が出回っている。(これを書いているのは2/1。ははは……)
by younotame | 2012-01-25 23:59 | etc... | Comments(0)

さよなら札幌。

a0050669_224417100.jpg
あっという間に札幌滞在は終わり、ホテルから駅に直行し、昼には帯広へ帰還。
前夜、すすきので見かけたコンビニを記念にパチリ。
コンビニ撮したってしゃーないんだけど、ほら、一応、兄の会社だし(笑)

午後からは早速取材が一本。

バタバタバタと一日が終わる。
by younotame | 2012-01-24 23:59 | etc... | Comments(0)

札幌。

a0050669_2224934.jpg
恒例の1月第3月曜日の札幌行き。日本照明家協会北海道支部の新年会だ。

今回は舞台照明に関する勉強会もあって、昼に間に合うように札幌に向かう。
ツレは加藤流三絃会のエリナ嬢。FBで勉強会のチラシ写真をUPしたら「わたしも行きたい」と。彼女の役に立つ情報があるかどうか、自分も定かではなかったけれど、結果的には連れて行って正解だった。特に、最先端での舞台照明に携わっている方々の座談会は、彼らの作品映像を見ながらのもの。舞台に立つ人のこと、大道具や小道具を活かす照明演出の工夫などが語られた。エリナは舞台に立つ主人公でもあり、時には舞台構成を考える立場にもなる。どんな衣装が照明に映えるのかとか、照明と曲のイメージの統一とか、参考になったはず。得たものは大きいと思う。

もちろん自分自身も得たものは大きい。
基礎的なこと、技術的なこと、進化するLEDのこと、いろいろ勉強になった。自分の場合、会社勤めしていたときに必要に迫られて照明に触れるようになった。音響も然りだが、きちんと学校で学んだことはなく、現場の先輩たちを見よう見まねで収得してきたことばかり。改めて、こうして学べることが嬉しかったりする。

懇親会という名の新年会は、いつもメーカーさんからの差し入れが多数。今回もさまざまな日本酒が並んで、その中には福島のお酒も。美味。すすきのに流れ、最後は仲間うちイチオシのラーメン店。そのラーメン店、新ラーメン横丁の奥にあるお店なのだが、ほかは閑古鳥が鳴いているのに、このお店だけ行列ができる。この店で、旭川のイベント屋さん(会社勤めの時にお世話になっていた)や、某広告代理店にいらした方など、「なぜココで会う?」というような方たちと遭遇。帯広だけではなく札幌も狭かったのである。
by younotame | 2012-01-23 23:59 | etc... | Comments(0)