ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

グラス。

a0050669_37139.jpg父の命日。

5年前の10月31日午前1時半頃だったと記憶している。その時のことを思い出しながら、その時とほぼ同じ時間に父が愛用していたグラスで晩酌。

調べてみたら、アデリアというブランドの強化ガラスのグラスで、昭和40年代に発売されたもののようだ。毎晩の食事時に、このグラスで日本酒を嗜むのが父の日課だった。物心がついたときには、このグラスが家にあったから、30年、いや40年近く、父が愛用していたと思う。人間の顔にシワが増えるように、このグラスにもキズが増えてしまっている。アンティークとかレトロとか、そんな洒落た表現より、ガラクタと言ったほうが似合っているかもしれない。

だけど、このグラスで呑むと、どんな日本酒でも美味く感じてしまう。
オオミヤにとっては、魔法のグラスなのだ。
by younotame | 2011-10-31 23:59 | etc... | Comments(0)

恋人。

母と兄はお寺にお参り。
一緒に行きたいところだが、シゴトがあって叶わず。

前日、「明日の昼は何を食べよう」という兄に「手打ち蕎麦玄葉」さんを推薦。
母は芽室のコーンチャーハンを食べさせたかったようだが、
聞くところによると既に食味済みらしい。
しっかり、住所と店名をメモってはいたが、
お寺とは方向が違うので、どうだろう、と思っていた。

そしたっけ、玄葉さんから
「お兄様とお母様にご来店いただきました」とメッセージが届く。
あとで、母に聞いてみたら、兄も気に入ってくれたようだし、
母も蕎麦湯コーヒーとゴボウに惚れ込んだ様子。

満足してくれていることだろう。


シゴトのほうは手の込んだプランの結婚式。
事前にそれがわかっていたので、早めに出動し何とかクリア。

その結婚式に久しぶりに会う友人が出席していた。
元々は愛人K氏の古い友人。
彼が家族を持ってからは、なかなか会う機会は減ってしまったが、
家呑みをしたり、頻繁に遊んでもらった時期がある。
声をかけたら、ビックリしていたけど、
同じテーブルの職場の方々に「こいつ、オレの恋人」と紹介され、こっちもビックリ。
そういうシャレの通じる、よい職場なのだろう。

彼の奥さまの手前、コチラから連絡を取ることは控えていたが、
「気にしないで連絡よこせ。K氏も誘って呑みに行こうや」と。
あたしも、この3人でまた楽しく呑みたい。

「恋人」と公認されたことだし、「愛人T氏」と命名しよう。
by younotame | 2011-10-30 23:59 | etc... | Comments(0)

兄妹。

開通した道東道を通って兄が帰省。
娘は修学旅行、嫁は里帰りで、一人でやってきた。
なので、シゴトが終わるのを待ってもらい、遅い時間に夜のまちへ繰り出す。

月末と道東道開通効果なのだろうか、いつもより人が多い。

「まずはビール」というリクエストに応え、1軒目は「うさぎのしっぽ」へ。
つくねとホルモンとサラミ。ホルモンを食べたあとのチーズご飯も大好評。

2軒目は「春香楼中央店」で白ワイン。
まる麦のシューマイが気に入っていただけた。
「とかちマッシュと豚肉で一品」と、メニューにない料理にも対応していただき、感謝。

3軒目は「Bar51」。
兄もこのブログをたまに見ているようで、「いつもお世話になっています」とご挨拶。

〆に下のお店の鶏そばを食してもらう算段だったのだが、
お店が開いておらず断念。次回の来帯時にお預け。

どうせ奢ってもらえるんだし、「アルペスカ」でイタリアンという手もあったなぁ。
などと、既に次回の兄妹デートのプランを考えてしまったり。
ごちそうさまでした、兄よ。
by younotame | 2011-10-29 23:59 | etc... | Comments(0)

取材と打ち合わせとスイーツ。

a0050669_2115432.jpg
昨日例会に遅刻した原因はコレ。
今日から始まった菊まつりの会場でトピアリーの仕上げ作業をしていたのだ。
トピアリーは梶尾花園さんの協力を得て、とデ振が製作している。ここ数年の恒例行事なのだが、実は参加するのは初めて。副会長という立場を担っている以上、放っておくわけにはいかない。YEGを犠牲にしてコチラを選択したというわけ。

デザイン&設計は士幌の北本善一さん(click)。
「命の水」をテーマにした水神の龍。
例年よりボリュームアップしたそうで、なかなかの迫力。だけど、龍の顔を正面から見上げるとお茶目な龍にも見えなくはない。

菊まつりに行かれたら、見事な菊の花だけではなく、このトピアリーにも注目してもらいたい。

近くにはアート展のコーナーもあるのだが、コチラは造形作家の大沼秀行さんの作品。
実は10年ほど前になるけれど、広小路で開催された大沼さんのアート作品の設営を手伝ったことがある。そういえば、あれは故さのまさのさんとのコラボだっただろうか。記憶が定かじゃないのがもどかしい。
大沼さんにも久しぶりにお会いしたが元気そうでなにより。


a0050669_2122418.jpg写真とは関係ないが、市内の某飲食店を訪問。小麦粉料理を得意とするお店だ。

以前訪問したときは、輸入小麦の価格高騰がメニューづくりに影響していると聞いた。今回は、十勝産小麦からホクシンが消えてしまうかもしれないことで、大幅にメニューが変わってしまうかもしれない、というお話し。小麦を取り巻く環境変化は農家だけではなく飲食店にも影響している。

そのお店でビートを食べさせてもらう。あの、てんさい糖の原料になるビート。ただ水煮しただけのものを食べさせていただいたが、見た目はカブのような感じで、食感や味はみずみずしいフルーツのよう。

通常のビートは薬の影響等で食べられるもんじゃないらしい。試験的に自家栽培しているから、こうして野菜として食べられるそうだ。葉っぱももちろん食べられる。見た目の通りホウレン草のような味わいだとか。


a0050669_2124728.jpg
打ち合わせでフローモーション(click)さんへ。
今日のツカコシ嬢気まぐれケーキは「渋川モンブラン」「紅玉のタルト」「かぼちゃプリンケーキ」。栗かかぼちゃか迷った挙げ句にかぼちゃプリンをチョイス。

モンブランも食べよっかなーなんて欲張りなことを考えていたら、「これ食べてみてください」と一口サイズのパウンドケーキが。今後想定されるバター不足を見越し、バターを使わないパウンドケーキの試作を重ねているらしい。バターの代わりにオリーブオイルを使ったものと、十勝産の菜種油を使ったもの、さらには菜種油使用の黒豆入り抹茶パウンドケーキ。
油の分量は改良の余地があるらしいが、素人なあたしにはどれも美味。ノーマルは菜種油のほうがいいかもしれない。クセがあるが、そのクセが個性になっている。コクも風味も悪くない。

それにしても、油が違うだけでこうも変わるものか。ツカコシ嬢曰く、その分量がちょっと違うだけでも仕上がりに大きく影響するらしい。お菓子づくりは本当に奥が深い。

先週の日曜日からスタートした「OBIHIROほっとマグフェスタ2011-2012」。公式サイトはコチラ→click
専用のマグカップでホットワインを呑もう!と昨年から始まったイベントだ。今年はお酒を扱う飲食店だけではなく、カフェや居酒屋など提供店舗が大幅に増えている。フロモもそのお店の一つ。ちょうど、このイベント用のドリンクもほぼ完成に近づいたそうで、コチラも試飲させていただく。因みに、マグカップ代もドリンク代も打ち合わせ相手のおごり♪

カップは左手に持つと手前に赤がメインの図柄、逆に右手に持つと緑の図柄。全体にシックな色合いがベースになっていてデザインはイイ感じ。去年のは赤がキツイというか派手すぎたように思う。持ってないけど。問題は、コレを持ち歩くかどうか、だ。たぶん、あたしは持ち歩かない。家でコーヒー用には使うだろうけど。

因みにフロモさんのこのマグカップ用メニューは、抹茶豆乳ラテ。フロモさんが使っているのは、あたしも贔屓にしている京都おぶぶ茶苑の抹茶。豆乳も飲みやすいものをセレクトしているらしく、美味。カラダとココロが温まる。

このマグカップ、シンゴんとことか、ジグザグとか、田五作とか、屋台にもある。見かけたら買ってみて。あたしとお揃いになるでよ。


明日はいよいよ道東道開通。
それに併せ、兄が帰省する。父の命日が近いからでもあるのだけど。夜のまちに繰り出したいようだが、シゴトが終わるのは21時くらい。待たせてしまうが、許しておくれ。
by younotame | 2011-10-28 23:59 | etc... | Comments(0)

例会。

a0050669_16464333.jpg例会。

前段の用事が思いのほかおしてしまい、開会から一時間半後の20時30分に登場するという大遅刻。内容がさっぱりわからぬまま30分を過ごす。

続いての臨時総会で次年度の三役が決まる。カントクが副会長というのは予想もせぬことだった。年齢と在籍年数から推察すれば、そういった大役を担うことは当然のことなんだけどね。会長に選ばれ、120人のメンバーに承認された副会長5名と専務理事。しっかりと職務を全うして欲しいと願う。

併せて次年度と平成25年度の日本YEGの大役を引き受けたカジからもスピーチ。さすが風格が違う。覚悟を決め自分に与えられた責任の重さを自覚しているからこそ、発せられる言葉の数々。既に日本YEGでも次年度の動きがスタートしているので、約2年半先のことまで考えた決意。応援したい、サポートしていきたいと思う。


懇親会はヤッチの店へ。
鍋がめちゃくちゃ美味しかった。なので、ビールも進む。

解散後は一人で屋台へ。
そこで、YEGの先輩2名に出くわし同席させてもらう。
どちらも年齢も在籍年数もオオミヤの大先輩。日頃感じていることを口にさせていただいた。その反感もあれば同意もある。そして反省も。
先輩たちもわたしも、少なからず現在のYEGに不満というか違和感がある。そういう気持ちを抱いてしまうということは、後輩たちへの引き継ぎや配慮などが足りなかった自分たちの責任だと思うのだ。
わずかな時間だったけれど、貴重な時間を過ごさせてもらった。


そして、いつもの店へ。
さらには「一度行ってみたい」というマリと「それから」へ。
遂にマリも「それから」デビューを果たす。
by younotame | 2011-10-27 23:59 | YEG | Comments(0)

Draw。

a0050669_1338396.jpgひょんなことから絵を描くシゴトを引き受けてしまう。与えられたのはこの画材。

久しぶりだ、絵を描くことなんて。

これでも一応、中学の時は美術クラブみたいなところに在籍していて、中学生の作品を展示する会場で版画の実演をやったことがある。確か今はなき市民会館だったはずだ。

高校の時は美術部だった。だけど、部活よりもデートのほうが楽しくてサボってばかりいたら、「荷物をまとめて出ていけ!」と先生に一喝され、2年生の終わりで退部。なのに、卒業アルバムの写真撮影のときには「お前も美術部だから来い!」と言われ、しっかり写真に収まっている。

絵を描いたり、字を書いたり、やっぱ好きなんだろうな、自分。


昼間は市内の消しゴム版画家にお話を聞いた。
この業界では全国的にも人気の作家さんだ。
サイトはコチラ→click
実際に手ほどきも受けたのだが、これまた面白い。

こういう手仕事も、やっぱ好きなんだな、自分。
by younotame | 2011-10-26 23:59 | etc... | Comments(0)

パン。

a0050669_13285720.jpgひきこもり終日デスクワークの一日。

昼はパンを焼いた。
発酵させる時間を省きたい、と、発酵させないで焼くパンのレシピを見つけて、それを参照に。粉は市内の農家さんの「キタノカオリ」。材料を混ぜ混ぜして、少しこねこねして、カタチを丸めて、オーブントースターで約15分。

熱々で食べるのがベストなパンに仕上がった。だけど、ちゃんと発酵させるパンのほうが好みかも。

オーブントースターで焼くというのは初挑戦だったけど、これは結構イケル。
by younotame | 2011-10-25 23:59 | etc... | Comments(0)

LIVE。



いまだに根強い人気のハンギングドールズ。
やっぱり、彼らはカッコイイ。




オオミヤが唯一見られたナイトクローラー。
29年ぶりの結成というから、この曲はそれよりも前につくられたことになる。
彼らが高校生だったり、卒業したばかりのころのはず。
帯広のバンド界に名を残すだけの実力があったことを、改めて実感。




そして、鈴木さん追悼セッション。
「泣いた」と言っていたChiyukiちゃんは本当に泣きながら歌っている。
オオミヤも涙が出てしまう。

ライブに出演していた大ちゃんのブログもどうぞ→click


撮影はsasukeさん。
なかなかライブに行けないオオミヤには彼の映像がウレシイ。感謝。
by younotame | 2011-10-25 01:10 | etc... | Comments(0)

慌ただしい月曜日。

a0050669_2523314.jpg
BOSSにたたき起こされ、急遽、空港へ。
搭乗したがワケありで飛行せず。空からの眺めはお預け。
空港で蕎麦をゴチになり淋しく戻る。

空港ビルの専務理事と空港内でバッタリ。
元副市長。商工観光畑にも在籍されていたので顔見知り。
パイロット二人に「顔が広い」と言われてしまう。
広くてもチカラはありませぬ。スミマセン。

────────────────────

大空経由で市内に戻り、取材を2本。
テーマは美食。どちらもそれに相応しいと思える店。
しかも、どちらも顔馴染みなので、和やかに取材も進む。
飲食店を取材するときには、その店の食へのこだわりを聞いたりする。
つい、食についての記事を書く自分の野望について口を滑らせてしまい、
共鳴していただけたことはウレシイのだが、
執筆&自分へのプレッシャーにもなってしまった。

────────────────────

最近、とかちむらに通っている案件で電話連絡数本。
なかなか思うように進まぬ。

────────────────────

一昨日の土曜日に札幌で中学校の同窓会もどきがあった。
お正月に十勝川温泉で同窓会を開くという計画が水面下で進んでいるらしい。
FBに非公開グループも設置され、妙に盛り上がってきている。

中学の時のあたしと、今のあたしは人格が少し違うかもしれない。
懐かしい旧友に会うのが楽しみでもあり、億劫でもあり、少々複雑な心境。

─────────────────────

姪が修学旅行に旅立ったらしい。
行き先はアメリカ。
さすが名門校。ちゃうなぁ。
お土産を期待してもいいんやろか。
餞別あげてないから、そりゃないか。
by younotame | 2011-10-24 23:59 | etc... | Comments(0)

S&S PROJECT。

a0050669_344169.jpg
本日、婚礼2本。
なので、ノサのパーティーには行けず。
コチラの1本目の婚礼には、ぽんちゃんが出席していた。
こっちとノサのとハシゴだそうで、猛ダッシュで出てったわよ。

2本目はアマリリスの色合いが、モロツボだったのでパチリ。
ナフキンにはユーカラの実。あのコアラが食べてるやつ。
ほほぅ、ユーカラってこんなんなんだ。

a0050669_3464443.jpg
今日はS&S PROJECTの「同奏会」。
要するにコンサート。鈴木さんの追悼も兼ねて。

シゴトが終わってダッシュで駆けつけたときには、
既にトリのバンド演奏が始まっていた。

トリは「ナイトクローラー」。
29年ぶりにメンバーが集結したらしい。
名前だけは知っていたけど、ナマで観るのも聴くのも初めてのこと。
ちょっと感動してしまう。

右端のがっちゃんこと嘉多山信さんはプロミュージシャン。
サイトはコチラ→click
ブログを読むとわかるけど、すんごいミュージシャンと演っているギタリスト。
まさか、がっちゃんが来るとは思っていなかったからビックリ。
鈴木さんも天国で喜んでいることだろう。

その鈴木さん追悼のためのセッションも、とてもヨカッタらしい。
先輩のChiyukiちゃんが「歌いながら泣いちゃった」って。
みんな、それぞれに鈴木さんへの想いがあるんだろうな。

そんなこんなで、ひっそりとライブ会場に忍び込み、
わずか3曲半だけを堪能し、バラシ隊としてステージへ。
コソコソやろうと思っていたのに「オオミヤ、モニターチェック!」と
Tやんの声がスピーカーから発せられちゃったりして、侵入したのがバレバレ。

「いつ来たのよ?」とか「やっぱり来たか」とか
みんなに声をかけていただきウレシイ限り。

終了前に帰っちゃった人もいて、残念ながら会えなかった人もいるけど、
オオミヤも同奏生(演奏はできないけど)として迎えてくれることに感謝。

おそらく、次回のライブは、来年6月9日の一周忌に併せてやるだろう。
その日は、おシゴトのない日でありますように。
by younotame | 2011-10-23 23:59 | etc... | Comments(0)