ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

出向報告。

帯広YEGのサイト出向報告ブログに初カキコしましたよん。

取り急ぎ、ご挨拶だけだけど、ね。

ここを覗いている方には重複しちゃう内容になっちゃうけど、コチラにも、お付き合いくださいませね。

で、委員長や副委員長の皆さんは、委員会のメンバーにも出向報告ブログを宣伝してねん。
by younotame | 2009-06-16 20:48 | YEG

おやつとお買いもの。

a0050669_19124225.jpgむっしょ〜に甘〜いおやつが食べたい。チョコとか生クリームとか、そういうのではない甘いものが食べたい。だからって、そのためだけにコンビニに向かうのも虚しいし。

そうだ、小豆の缶詰があったっけ。

サイコロのようにカットした焼き切り餅も入れて即席お汁粉。

これを一人で食すってのも虚しいが、ま、満足。


a0050669_19293715.jpgネットでお買いものした商品が届いた。

まず一つ目は魔法瓶タイプの保温ポット。(奥にあるのはここに住むようになった時に買ったヤカンっす)

ガス台節約で水出し茶を飲むのが多いんだけど、実は常に温かいお茶が飲みたいというのが本音。でも冷蔵庫とテレビ以外の家電製品が無い我が家には、文明の利器を象徴するような電気ポットなんて置きたくない。
↑ヘンなところでヘンなこだわり?

そしたっけ、このポットを見つけて、しばらく悩んで購入を決めた。これで温かいお茶も気軽に飲めるぞ。


a0050669_19483348.jpgもう一つ届いたのは、この本。
スカパラの20周年を記念して、スカパラをデビュー前から撮り続けている仁礼博さんが出版した写真集『スカパラ-21世紀-』。本の紹介サイトはほぼ日のこのページ出版元のこのページをどうぞ。

とにかく、分厚い。
こうして立っちゃうし、タバコの幅と比べてみても、このボリュームがわかるっしょ? 約500ページに及ぶ写真集だなんてスゴイよねぇ。

因みにお値段は、保温ポットの1.5倍なり。


a0050669_20101773.jpg実はお昼のパンを買いに行ったときにも、ついでにお買いもの。

ホントはシゴト用に夏用のつなぎ(オーバーオール)が欲しくて出かけたんだけど、カタチとか、生地の素材とか、色とか、「これだ!!」ってものに出逢うことができず。
ちょうどホテルシゴトで愛用しているグローブが破けてきていたので、グローブのみゲット。ホテルのシゴトは力仕事は少ないけれど、熱を持った照明器具を触ったりするから必需品なのよん。

それから本を2冊。
ゴンちゃんの店(あ、もうゴンちゃんの店ではないか……)じゃなく、町内の大型書店で。
これまた分厚い小説を買ってしまったので、一人の時間も有意義に過ごせるわ。

by younotame | 2009-06-16 20:21 | etc...

ランチ。

ここ数日ずっと「おいしいパンが食べたい」と思っていた。
で、「ブーランジェリーくるみのランプ」へ。
フランスパンとか、カンパーニュとか、食事系のパンを求めて訪問したのだけれど、店頭で眺めているとあれもこれも欲しくなっちゃうわけで、気がつけばハード系調理パンの方が多かったかも。
今朝の新聞を広げながら、モグモグとパンを囓ってのランチです。
a0050669_13204040.jpg

ところで、「ブーランジェリー」って聞き慣れない言葉だけど、どういう意味かと思って調べてみたら、フランス語で「パン屋」を意味するらしい。要するに和訳すると「くるみの灯りパン屋」?ネーミングってお店のことを印象づけるのに、とっても重要だよなぁ。

昨日の昼は40歳41歳の女4人でランチ。
神社のお祭りに併せ、職場がお休みになった1人が「ピザを食べたい」というので、セレクトしたお店は夜光杯。リッチモンドホテル1階のレストラン。ちょうど一周年を記念して感謝フェア的なことを開催中で、セットメニューがお手頃価格になっていた。

女4人のうち、あたし以外は主婦。
仕事を持っているとはいえ、こうして集まると話題は家庭、特に子供のことばかり。
学校のこと、少年団やスポーツクラブのこととかね。
しかも、ジュニアが停学中で波瀾万丈真っ只中の母もいて、話は尽きない。
あーーーんまり話題についていけないあたしは、タバコの本数が増えるばかりだけど。

お店に入店したのは開店直後の11時。
そしてお店を出たのはランチタイムをとうに過ぎた15時近く。
灰皿を何度も替えていただいた挙げ句、取材で顔見知りの支配人さんがコーヒーをサービスしてくださいました。多謝。
by younotame | 2009-06-16 12:45 | etc...

夢会議のこと。

6月4日(木)に今年度第1回目の会議が北海道経済センタービル8階の会議室で行われた。
15時からの会議だから「それに間に合えばいいや」と14時に札幌着のJRに乗り込んだ。
JRの手配を終えてから気がついたんだけど、経済センタービルと道路1本を挟んで札幌時計台ビルがある。そう、北の屋台を卒業した「順香」があるビル。札幌に移転した「順香」はランチ営業もしている。あ〜ん、1本早いJRにすりゃ良かったよ。

よし、次回こそ「順香」へ。
……と思っていたのだが、次回7月2日(木)の開催案内が届いたら、なんと別のビル。
どんな位置関係かチェックしてからJRの時間を決めようっと。


閑話休題。

夢会議のメンバーは全30名。それにアドバイザーがプラス6名。帯広からはカワッチ副、オイチャンとオオミヤの3人がメンバーとして、ゴトーさんがアドバイザーとして参加している。
メンバーを募集するときに、予めどのグループに属したいか希望がとられていて、オイチャンは「大地創造」を、オオミヤは「YEG提言」を選択した。各グループに一人ずつという会長の思惑があったようで、必然的にカワッチ副は「分権推進」。

で、1回目の会議には、メンバー20名とオブザーバー5名が出席。
オオミヤが所属する「YEG提言」はグループリーダーを含めても4名しかいないグループで、しかもこの日の出席はリーダーとオオミヤのみ。実際のグループミーティングにはオブザーバーが加わってくれたので4名になったけどね。人数が多けりゃいいっていうグループでもないけど、今後もリーダーとオオミヤだけになるような気がしないわけもない……。

で、このグループが何をするかというと……
 1)北海道YEGのシステム的な矛盾点を追求し、活動しやすい基盤整備を実施
 2)魅力ある北海道YEGとはなにかを考察する
 3)北海道YEGの本来あるべき姿を構築(最終提言)

このテーマというか課題だけ見ていると「オオミヤにぴったり」って思うでしょ?
ところがどっこい、大きな落とし穴があったのだ。

まずは、「理事会や総会のあり方」「夢会議のポジショニング」「各協議会が果たす役割」などの問題点を洗い出し、検証しようということなんだけど、オオミヤってば、北海道YEGへの出向経験が皆無だから理事会の実態なんて知らない。夢会議が北海道YEGの事業として位置づけられているわけではなく宙ぶらりんな状況であることも初めて知った。協議会のことも側面から見た形骸的なことしか把握していない。

そんな状況でグループの一員が務まるのかよぉ。

って騒いだってしゃあないし、任務を遂行すべく前進あるのみ。
まずは、帯広YEG歴代会長さん、要するに北海道YEGの理事として理事会や総会に出席してきた人たちに、北海道YEGの会議のあり方や役割など、参加して感じてきたことを確認しようと思う。本来なら一人ひとりに面談してお話を聞きたいところだけど、みんな忙しい人たちだしねぇ。メールで聞いてみようと思うんだ。

果たして、何人の歴代会長さんに反応していただけるかな。
by younotame | 2009-06-15 00:16 | YEG

ひとりごはん。

a0050669_1453520.jpgこのところカタイ話ばかりだったので、久しぶりに晩ごはん。
ブログのトップページも文字だらけになっちゃったから、なにか写真でもUPしとかなくちゃね。

んと、これは9日の晩ごはん。
取材で訪れた外山さんちで朝収穫したアスパラのはね品をいただいた。穂先が少し開いてしまっていたり、真っ直ぐじゃなかったり、色味がほんの少し変化していたり、そんな些細なことで規格外品扱いで出荷できないそうだ。味は全然問題ないのに勿体ない話しだよね。
ポテトは市販されている冷凍の皮付きフライドポテト。それを油で揚げるのではなく、フライパンで焼いたもの。油っぽくならないし、ホクホクだし、オススメの調理法っす。


a0050669_1465287.jpgこちらは今夜の晩ごはん。
このところ、手抜きメニューが多くて、ご飯を炊かずにおかずだけで済ませたりが多かった。久しぶりにおかずがいっぱい、って感じ。

肉じゃが、ゆで玉子とサニーレタスとブロッコリーのサラダ、アスパラの醤油漬け、キャベツと刻み昆布の浅漬け、雑穀入り鮭の炊き込みご飯。余ったご飯はおむすびにしたので、明日の昼ご飯になりやす。

あ、うちって電子レンジがないからさ、余ったご飯は冷凍保存っつーわけにいかないのよ。

んなわけで、ちゃ〜んと自炊生活していますわ。おほほほ……。

by younotame | 2009-06-14 00:18 | etc...

夢会議基本構想。

今年度の議長は石狩の松尾氏。
彼がまとめた今年度の基本構想を抜粋してご紹介。(長いのだよ、とっても)

───────────────────────────

これまでの夢会議は、「どうしたら北海道は元気になれるのか」「YEGはどんな夢を語ればいいのか」ということを念頭に置き、勉強と行動を重ねてきた。活動3年目となる今年度は、「北海道の自立」を基本理念に3つのテーマを掲げて活動する。

北海道の自立のために必要なことは何か。ポイントは大きく分けて2つある。
一つ目の観点は、自立できうる社会を我々道民が構築していくこと。これには、文化的自律、精神的自律、経済的自律も含まれる。YEGとしても、これまでに築いた人的ネットワークを活かしながら、この課題に取り組む。
もう一つの観点は、自立のための制度。地方分権問題について中央レベルでは議論が続いているが、地方で生活している我々は直接議論に参加しているわけではない。どのような分権改革が北の大地を活かすのか、当事者意識を持つことが必要だ。我々自身が地方分権や道州制について学んでいく。

3つ目のテーマは、今後の北海道YEGのあり方について。YEGは北海道のために何ができるのか、北海道YEGは各単会のために何ができるのか。今後の地方分権の進捗によって北海道というエリアの重要性が増していくということも踏まえ、YEGも北海道単位での取り組みを強化していく必要がある。また、北海道YEGはそのスケールメリットを活かして、各単会の活動に資するような事業も行うことができるはず。更には道内YEG組織率向上への対策、外部団体との戦略的連携など取り組むべき課題は山積みしている。こうした課題に、組織としてどう対応するべきか、各協議会の機能分担も含め、議論の土台を提供したい。

設立以来、北海道YEGを築き上げてきてくれた先輩方の想いを引き継ぎ、発展的に継承していくためには何が必要なのか。常に問いかけていくことを大切にし行動していく。

───────────────────────────

というわけで、今年度は3つのグループ会議を設けている。
 ・大地創造グループ
 ・夢ある分権推進グループ
 ・夢あるYEG提言グループ

次回は、この各グループについて、詳細をお知らせしましょう。
by younotame | 2009-06-13 02:02 | YEG

夢会議ってなんぞや。の続編。

(前編に間違い発見。さり気なく修正しているわよん)

2008年4月2年目に突入した夢会議。
議長に就任したのは遠軽の杉本氏。

5月のゴールデンウィークに北海道トップの藤池氏(滝川)がお仕事で帯広入り。
彼は一人でふらっと歩いて楽しむタイプの方のようで、「今お寿司を食べたところ。メンバーさんの店に行きたいんだけど、どのビルだっけ?なんて名前だっけ?」と連絡をいただいた。彼の目的地は、雅ママ(千春)のところ。その前に来られたときにお連れしていたのだ。折角ご連絡もいただいたことだし、オオミヤも着の身着のままタクシーに乗り込んだ。

YEGのこと、地域のことなどをいろいろ語り、「夢会議に来ればいいのに」とお誘いいただいたんだけど、「行きたくても行けないのが帯広の実情なのよん」みたいな話しをしたような気がする。

その後、公式なメンバー募集がなされていたことは知らされず、役員会で耳にしたのは、「○○さんと○○さんが参加します」という事後報告。2年目に突入した夢会議の実態っていうか目指すものも、どんな会議が行われているのかも、年度末のフォーラムのことも知らぬまま。
以前のオオミヤならアンテナを張って、その辺の情報をキャッチしていたところだろうけど、昨年の夏以降、士気が消滅していたあたしにゃそんな気力もなく。

年度末のフォーラムタイトルは「北海道再生フォーラム『きらり輝く明日の北海道』〜地域ブランドが北海道を変える!〜 」。
北海道を元気にするには基幹産業である農業と観光を伸ばしていかなければならない。北海道の生産物と観光資源にいかに付加価値を付け、道外からの外貨を稼いでいくか。その具体的な事例に学びながら、これから切り開くべき北海道の可能性を探ると共に、農商工連携・農業と観光の連携など、これから北海道がどうあるべきか、道民としてどう行動すべきかのヒントを見つける。
それらを目的に基調講演、パネルディスカッション、グループセッションが行われたらしい。

1年目の「北海道の現状と夢、そしてYEGの役割」、そして2年目の「地域ブランドが北海道を変える!」。それらを踏まえて今年度3年目がスタートした。
参加したくても参加できない2年間だったけれど、3年目にしてやっと……って感じ?

この機会を与えてくれた会長に感謝しなくちゃね。
by younotame | 2009-06-13 01:16 | YEG

清志郎さん続報。

あたしが知らなかっただけで、各局で特番が放映されていたり、雑誌の追悼特集とか特別号が発売されていたり。そうと知っちゃあ観たい、手に入れたい、と、なるわけで。

ROCKIN’ON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951-2009を注文しちゃった。

問題は映像。どなたか録画できる方はいらっしゃらないかしら?

●7/3(Fri)23:00〜 翌8:30
フジテレビネクスト『忌野清志郎オールナイト・ロックンロール・シアター!』
過去にフジテレビCS放送でオンエアした忌野清志郎の番組を5タイトル全9.5時間一挙再放送。

●7/17(Fri)23:00〜翌6:00
フジテレビネクスト『忌野清志郎フジテレビアーカイブス完全版』
フジテレビの歴代音楽番組に残された超貴重なパフォーマンスの数々を余すところなく放送。

●7/18(Sat)22:00〜24:00
フジテレビネクスト『サンキュー!忌野清志郎!!愛してます!!!』
フジテレビが保有する膨大なアーカイブ映像の中から厳選した貴重映像と、新たに撮影した映像を織り交ぜた特集。

 
by younotame | 2009-06-12 02:53 | etc...

清志郎さん。

夢会議のことをおさらいしながらブログを書いていたら、

TVで清志郎さんの特番が始まった。

あーーーこんな番組の放映が予定されていたなんて。

知っていたら、誰かに録画をお願いしたのに。

あ、あたしのとこにはそんな文明に利器はございませんのよ。

清志郎やCHABOが好きなバンド仲間に電話してみたけど、

寝ちゃっているのかな、電話にもでず。

みんな観てるかなぁ。


今年になって録音された遺作とも言える「Oh! RADIO(オー!ラジオ)」。

清志郎さんの最新シングルとして6月17日発売です。
by younotame | 2009-06-12 01:43 | etc...

夢会議とはなんぞや?

「夢会議」という言葉は耳にしたことがあっても、その実態を知る人は少ないと思う。
あたしも、イマイチ理解しきれていないかもしれない。
なので、過去の資料を引っ張り出してみた。

正式名称は「YEGが創る夢ある北海道会議」。
平成19年、北見の舛川氏が北海道YEG会長を務めた年に設立された。
初代議長は我らが帯広YEGの後藤氏。
その前年にはミスターが日本YEGの会長を務め、後藤さんはYEG改革推進会議議長。「地域が創る日本の未来、故郷(ふるさと)の新しい風YEG」のスローガンに則り、官と民の壁を取っ払って同じ目線で地域の将来を本気で考えることに没頭してきた。その任期中に議長として後藤さんが書いた新年の挨拶にこう記されている。

「そこにYEGがある!」
新年の挨拶もせずにいきなりですが、新しい年を迎えるにあたり考えたYEGの存在意義を示すキャッチコピーです。如何ですか。
私の干支は「亥」、今年は年男48歳になります。この年齢で「青年」とか「ヤング」というのは世間から「ちょっと、ちょっと」と突っ込みを入れられそうですが、人生80年を超えているのだから許容範囲かなと。見た目も大切ですが、本当に大切なのは「心」と「脳」の若さ。そしてそれは言葉ではなく、“行動”で証明するしかありません。
さて、今年の私の行動は…。YEGスピリットを胸に、地方と中央の新たな関係づくりにドカーンと挑戦しますので乞うご期待!

日本YEGで培った経験を北海道という地方で熟成させ、新たな北海道と中央の関係を構築したかったのではないだろうか。それが夢会議に繋がったのだとあたしは思う。

当初は「道州制」を考えることが主目的で準備されたようだけど、実際に夢会議が動き出すときはそれに囚われないで、「知識」「意識」という2方向からアプローチが確立された。
「知識」とは勉強会で、さまざまな講師から話を聴くこと、また他の地域やメンバーの考えを聞くこと。「意識」とは知識を身につけて満足するだけではなく、議論をした結果、具体的な行動をするという意識、言いかえると覚悟を高めていくということ。知識においても、意識においても、またその先にある具体的な活動につなげていくためにも、情報だけではなく、人と人の交流が重要だと考え、国や道の役人の方々との懇談の機会を設けた。個人のネットワークを広げ、各分野の役人の方などを地域に呼び込み、積極的に活動していくためには、まずはそれが重要だったのだと思う。

夢会議は「これだ」とはじめから目的があったのではなくて、漠然としている方向性を会議体の中で話し合い、勉強し、方向性を見いだしていったのだと思う。

1年目の年度末には、シンポジウムとして講演会とパネルディスカッションを開催した。その時のテーマは「北海道の現状と夢、そしてYEGの役割」。一年間の活動の発表などもあったらしい。

らしい……と人ごとのように話すのは、あたしはこれらの会議にもこのフォーラムにも一度も参加できなかったから。せめて、最後のフォーラムだけでも参加したいと、日程を調整し参加の意向を示していたのだけれど、帯広YEGの先輩たちはそれを許してくれなかったんだ。

ま、そんなことは過ぎたことだし、仕方がないことだけど、こうして夢会議はスタートして2年目に引き継がれていったんだ。

(つづく)
by younotame | 2009-06-12 01:35 | YEG