ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

月末。

6月も本日で終わり。

っていうか2008年の半分が終わってしまった。

なんだか気だけが焦る自分がいる。

────────────────

午後は帯広市中小企業振興協議会の経営基盤・人材部会へ。
約1年間続いたこの部会も12回目となり、本日が最終日。
今後、論点がまとめられ、協議会の提案書が作成され、市の中小企業振興施策に反映されていくはずだ。既に、反映されている施策もある。
一年間の議論が無駄にならないことを期待する。

────────────────

メプチンエアー(気管支拡張吸入器)が切れた。
常用している飲み薬もあと数日で切れる。
というわけで、主治医の元へ。

前回の採血・採尿の結果も聞く。
クスリの濃度は良好だが、風邪を引いていて食欲も振るわないときの採血だったので、バランスがよろしくない。
タンパク質が極端に少ないという結果だった。

帰りにスーパーに寄り、鶏肉や豆腐を買う。

────────────────

あーーー請求書を作らなきゃ。

────────────────

明日は昼に取材が1件。
それが終わったら、久しぶりにO社にも出動したい。
by younotame | 2008-06-30 23:18 | etc...

植物探求─ツツジの仲間シリーズ

a0050669_0471790.jpgエゾムラサキツツジ。

葉が開くよりも先に花が咲く。
もともとは山地に自生していたものだけど、今ではどこにでもある。
特に道東に多いらしい。

<2008.05.21撮影>

a0050669_048521.jpgたぶん、ヨドガワツツジ(淀川躑躅)。

別名ボタンツツジ。チョウセンヤマツツジの雄蕊が花片に変化して八重咲きになったもの。
たぶん、ってのは、葉を見るとシャクナゲっぽいし、確信が持てない…。
ツツジ科の植物ってのは、約100属1,350種もあるんだってよ。すげっ。

<2008.05.21撮影>

a0050669_0513890.jpgレンゲツツジ(蓮華躑躅)。

東北より北部ではポピュラーなツツジ。
花の色は朱橙色で南の地域ほど黄色っぽくなるそうだ。
葉や花、密は有毒。放牧地の馬や牛も絶対に食べないらしい。こわっ。

<2008.05.26撮影>

a0050669_050991.jpgたぶん、キレンゲツツジ(黄蓮華躑躅)。

レンゲツツジの黄色バージョーン。
レンゲっていうのは蕾のカタチから来ているらしい。
確かにレンゲのようなカタチだわ。

<2008.06.05撮影>

a0050669_0424176.jpgたぶん、ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)。

山地から亜高山のやや湿り気のある草原や湿原に生えるツツジ科の落葉低木。
裏白とは葉の裏が白いから。瓔珞とはインドの貴人や仏像の装身具のことで、この花のようなカタチらしい。

<2008.06.13撮影>

a0050669_0531946.jpgエゾツツジ(蝦夷躑躅)。

北海道で最初に発見されたことが名前の由来。
ツツジといっても高さは30センチにも満たないほど。
上の花びらには斑点があって、10本の雄蕊のうち下の5本が長いのが特徴。
プックリとした蕾も愛らしい。

<2008.06.13撮影>

a0050669_0543288.jpgサカイツツジ、かも知れない。

だとしたら──ヤバイよぉ。
だってね、根室の湿地(楽石岬)にのみ生息する国指定天然記念物。
しかも絶滅危惧種でもある。
でもね、高さが50センチくらいなこととか、枝先に小さな濃い紅紫色の花をつけることとか、花が小さくて2センチくらいなこととか、似てるんだよなぁ。

<2008.06.13撮影>

a0050669_057183.jpgハクサンシャクナゲ(白山石楠花)。

葉が外に巻き込んでいること、大振りの花が数個まとまって咲くこと、その花びらには黄緑の斑点があることが特徴。
というわけで、たぶん、ハクサンシャクナゲ。

<2008.06.18撮影>

a0050669_0583860.jpgコケモモ(苔桃)。

高さ10センチほどしかないツツジ科の常緑小低木。
小さな姿を苔に、秋に実る赤い実を桃に見立てて名付けられたらしい。
完熟した実は、富士山ではハマナシ、北海道ではフレップ、北アメリカではマウンテンクランベリーと呼ばれている。生で食べるほか、ジャム、ゼリー、果実酒などに利用される。
うちのも赤い実がなるのかなぁ。

<2008.06.18撮影>

by younotame | 2008-06-29 23:40 | flower

植物探求─まだ続くのか?

a0050669_23404283.jpgたぶん、タンポポ ビロサム。

西アジア原産の白い柔らかい毛に覆われた珍しいタンポポ。
花の姿形はタンポポなのに、葉はタンポポとは全く違う。
それでもやっぱり、綿毛の種を飛ばすのかなぁ。

<2008.06.09撮影>

a0050669_23423330.jpgウツボグサ(靱草)。

花穂のカタチを矢を入れる靱に見立てて名付けられたそう。
乾燥させると利尿薬になるそうだ。
高さは10〜20センチくらい。木や他の植物の陰になって見落としそうだった。

<2008.06.13撮影>

a0050669_2344970.jpgアッツザクラ。

別名ロードヒポキス。
夏の暑さを嫌い半日陰に植えるのがベストらしいが南アフリカ原産。
雄蕊と雌蕊はないんだろうか?
この春、知人から分けていただいたそうで、我が家には濃い色と薄い色の2種類が咲いている。

<2008.06.05撮影>

a0050669_2346620.jpgエゾスカシユリ(蝦夷透かし百合)。

花片の付け根が細くなっていて隙間があるから「透かし百合」。
蕾に白い綿毛があるのがエゾスカシユリの特徴で花も大きいらしい。
高さは10センチくらいしかないのに、そのてっぺんに大きな花が着き驚いた。

<2008.06.09撮影>
by younotame | 2008-06-29 23:30 | flower

クリーン杯2試合目。

前夜のナイターで体力を消耗しきったのか、打線も振るわず6対0で敗退。
しかも相手チームの背番号7番に、2打席連続ホームランを入れられてしまう。彼は左打者で打球はライトへ。審判の話によると、あの球場は変形していて、ライト側はレフト側より距離が短いらしい。「ホームラン!」と言っておきながら「ツーベースヒットでも良かったかなぁ」でっすて。ま、しゃーない。

負けたとは言え、みんなイイ笑顔で記念撮影。
a0050669_6352100.jpg

a0050669_6393937.jpg


この日のメンバーは、
監督、キャプテン、海亀、クロ、イワクラ、カックン、ヒロキ、マツ、ハヤ、ヨコ、クラ、そして今期初登場のオノッチ。
みんな、お疲れさまーーー。
by younotame | 2008-06-28 23:24 | ZERO GO CLUB

練習試合VS畜大教員チーム

今期初のナイター。
お相手は宿敵「畜大教員チーム」。
取られては取り返しの接戦で10対10。
相手チームにはうちのオブザーバー選手イワクラさんもいて、ほのぼのゲーム。

夜の撮影はやっぱキビシイ。なのでイメージPHOTOで誤魔化し。
a0050669_0242047.jpg
a0050669_028990.jpg

今日のメンバーは、監督、キャプテン、海亀、クロ、ヒロキ、ヨコ、クラ、カックン、そして飛び入りイッシー。

イッシーなんて、ちゃっかりジャージとご子息のグローブを持参。
また、来てねん。

応援団はヨメ、ケイチャン、カックンファミリー、そして仕事帰りのナリ。

さ、5時間後にはクリーン杯。がんばるべし。
by younotame | 2008-06-27 23:58 | ZERO GO CLUB

公開住宅。

今日の新聞に、とあるハウスメーカーの新築住宅公開の広告が掲載されていた。

住所は西17北2、建て主さまは“O”さま。

これって、某自動車のOさまやん。

そういえば、春に相棒の車の車検でお世話になったときに、

工場の隣で家を建てていたっけ。

完成したんだねぇ。

写真で見ると、めっちゃスタイリッシュでイイ感じのお宅。

建て主さんが出迎えてくれるわけではないだろうけど、

土日に時間のある方は覗いてみるべし。
by younotame | 2008-06-27 23:36 | etc...

卓話会に登録を─。

a0050669_23384447.jpg

クボ委員会の事業「卓話会」の登録はお済みかしら?

卓話会って何?──って方はコチラを。

登録申し込みは28日まで。

クリーン杯の日に勧誘いたしまする。
by younotame | 2008-06-26 23:41 | YEG

まつり推進プロが始動。

今年度のまつり推進プロジェクトが始動する。

まつりプロ=氷まつり。

そう思っているメンバーも多いことだろう。
それも確かなんだが、10月に行われる「ばん馬まつり」の人間ばん馬レースの運営も担うことになった。第1回目の会議は7月4日。

まつりプロのメンバーも、そうではないメンバーも、協力よろしく。
by younotame | 2008-06-25 23:25 | YEG

植物探求─何回目だっけ?

a0050669_4234553.jpgツルコケモモ(蔓苔桃)。

亜高山〜高山の高層湿原に生えるツツジ科の常緑小低木。
カタクリのような花弁は4枚(らしいが……うちのは5枚のようだ)は反転して鳥のくちばしのように見えるのが特徴。
最初はカタクリかと思ったけれど、どうも違う。ツルコケモモに違いない。
因みに別名はクランベリー。果たして実はなるのか?

<2008.05.29撮影>

a0050669_4252934.jpgギョウジャニンニク(行者大蒜)。

後ろの葉を見るとそれらしいでしょ?
すら〜っと長い茎が伸びて、その先端に小さな花が丸く咲く。
満開になったら見応えがありそう。
奥山で修行中の行者が疲れをとるために食べ、ニンニク臭があることがこの名前の由来らしい。

<2008.06.09撮影>

a0050669_4271941.jpgセントーレアモンタナ。

ヨーロッパが原産の宿根ヤグルマ草。
蕾も個性的だったが、花が開くともっと個性的で驚いた。
繊細そうだけど、暑さにも寒さにも強いらしい。

<2008.06.05撮影>

a0050669_429392.jpg
エゾネギ。
別名チャイブ、セイヨウアサツキとも言うらしい。
ハーブとしても扱われていて、吸い物やスープ、サラダとして食べられるそうだ。
<2008.06.01&06.09撮影>

a0050669_4313569.jpg
チングルマ(稚児車)。
バラ科。草花のようだが、落葉小低木。
花が終わると羽のような長い毛の実がなる(実には見えないけど)。その毛が鯉のぼりの稚児車を連想させることが名前の由来だとか。
写真では長い毛が開ききっていないけど、これが開くとそう見えるのかなぁ。
<2008.05.21&06.09撮影>


a0050669_4324887.jpgルッコラ。

家庭菜園スペースの菜っ葉たちに混じって、花を咲かせた植物を発見。
「これなぁに?」との問いに「ルッコラ」と答えた母。母の口からそんなハイカラな言葉が発せられるなんて……。
ビタミンCやEが豊富で胃の調子を整える作用がある。ヨーロッパでは生野菜として食べるのが一般的。歯を噛みしめるとゴマの味がするから不思議だ。

<2008.06.23撮影>


a0050669_43424.jpgたぶん、ニオイイリス。

イリス=アヤメというと、1メートルを超える背の高いものを想像するけれど、これは膝まであるかどうかの高さ。白い花が可憐。香りがよいらしいが、そこまでは未確認なり。

<2008.06.13撮影>

by younotame | 2008-06-25 00:20 | flower

クリーン杯は28日に延期。

今日は雨。
早々に試合の延期が決まったそうで、大会事務局から監督に連絡があったそうだ。
試合は28日に延期、と。

と言うわけで、

27日夜はナイターで畜大教員チームと練習試合。
明けて28日の早朝はクリーン杯。

連チャンになるが、気張っていこう。
by younotame | 2008-06-24 23:16 | ZERO GO CLUB