ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

卒業生の2人。

今年で卒業してしまうNさんとHさん。
(みんなはFさんって呼ぶけど、あたしはやっぱりHさん)
平成9年度の1月(平成10年1月)に入会して以来、このお二人から受けた影響や恩恵は計り知れない。お二人のYEG最後の日に、少しお二人のことを振り返りたいと思う。

a0050669_2392942.jpgまずは、Hさん。

Hさんとの出会いは18年ほど前に遡る。
以前、勤めていた会社に隣接し、社長の親族がママを勤める喫茶店があった。そこの常連さんの一人がHさん。いつも喫茶店に入り浸っていて「これで仕事になるの?」と思ったものだ。
イベントの保険でも毎回お世話になっていた。時にはイベントに引きづり込んだこともあった。市民創作野外劇「十勝野はるか」に出演させたのだ。

あたしの入会のきっかけは、全国大会誘致が具体的になり始めそうなときだった。当時の事務局のYさん(現在も再び事務局担当だけど)が、会社を訪れ、社長に入会を勧める。そして、あたしが入会することに。でも、事務局が紹介者というわけにはいかない。当時、ミスターともOBのMさんともお付き合いがあったけれど、「あたしの紹介者になってください」とHさんにお願いした。

a0050669_2511467.jpgYEGに入ってから、Hさんのことでビックリしたことがある。
物腰の柔らかい語り口や穏和な性格はその前から知っていたけれど、過ちを犯したときに叱ってくれたり、厳しく接してくれたり、本当に心の強い人だということ。
それと、交流の広さ。仕事柄もあるのだろうけど、穏和で実直なHさんだから人が集まってくるのだと思う。

最近の個性の強い(笑)先輩たちと比べると、決して目立つ存在ではなかったけれど、いつも優しい眼差しでYEGメンバーを見守ってきてくれたHさん。
「YEGが好き」というHさんの心はOBになっても、ずっと変わらないと思う。
あたしも、「Hさん!」って慕い続けたい。


a0050669_333144.jpgNさんとの思い出もいっぱい。
元々、ココにNさん宛のメッセージを残そうと思っていたのだけれど、あたしの記したかったことは、卒業式の送辞で全てミスターに先を越されてしまったよ。

入会してわずか2〜3ヶ月で副委員長に就任するという異例の経験を持つあたし。その時の会長がNさん。その時は「なぜ、あたし?」と思ったものだけど、その後、あたしに接してくれるNさんからは、あたしへの期待がひしひしと感じられた。そうやって期待されることが「YEGに入って良かった。YEGで頑張ろう」と誓うきっかけでもあったし、その時のNさんの期待がなかったら、今のあたしは存在していない。

平成10年度、Nさんは会長の傍ら日本YEGに出向。
今でこそ、いくつかの特別委員会があるけれど、その先駆けとなったアントレプレナーズ委員会のメンバーだったんだ。この年の全国大会は青森で、アントレ委が企画したメンバー企業の見本市的なものを開催。青森に入ってすぐ、先乗りしていたNさんに合流し、その会場を回りながら全国のYEGメンバーを紹介してもらった。
その後の大懇親会でも、Nさんを介していろいろな人と出会った。
青森を離れ秋田の田沢湖でもNさん繋がりでその地域の単会と交流。
青森大会はあたしの初めての全国大会だったのだけど、Nさんがいなかったら単なる観光モードの全国大会参加に終わっていたと思う。自分たちもこの大会を開催するんだ、全国にはこんなにYEGの仲間がいるんだと、Nさんが教えてくれたようなもの。


a0050669_323823.jpgNさんが会長時代には、大きな転機が3つ。

一つは、10周年記念事業。二つ目は全国大会準備委員会の立ち上げ。三つ目は姉妹YEGの締結。そのいずれも、あたしには忘れられない思い出。ペーペーの新人なのに、記念事業にも準備委員会に配属されたんだ。周りは、今はOBとなっている重鎮ばかり。可愛がってももらったけれど、厳しく指導もしてくれた。
そんな貴重な経験ができたのもNさんのおかげ。

Nさんが直前会長になったときに、あたしは専務理事に。専務理事の役を終えるのと同時にあたしは一旦YEGを退会するのだけれど、その3年間は、本当にNさんに支えられた。「やっぱりYEGでいたい」とあたしは復会したけれど、Nさんは仕事の都合でYEGを離れることに。
そして、全国大会誘致の中心人物だったというのに、帯広大会のときには、そこに存在していなかったという現実。ミスターも送辞の中で言っていたけれど、本当に本人が一番辛く悔しかったと思う。この頃には、あたしも日本YEG出向者の知り合いが増えていて、何人かから「Nさんは?」と聞かれたものだ。

そうそう、答辞の中で本人が言っていたけれど、ホントにあーやって人前で話すことが好きな人で。それから、お酒が呑めないのに呑み屋に行くのも好きで。流れていくうちにフェードアウトして消えるんだけど、「どこにいるんですか?」って電話すると、ちゃんと女の子がいる店にいたりする。お邪魔しに行くと、知らない土地の店でも、妙に馴染んじゃってたり。
そんなNさんが、あたしは大好き。
この一年、委員会も違ったし接触する機会が少なかったことが残念無念。


そうそう、Nさんのときに締結した姉妹YEGだけど、先方の伊勢さんは45歳で卒業。
この春、締結式を知る最後のメンバーが卒業したそうだ。
でも、姉妹YEGの結束は永遠に無くしたくない。伊勢さんが次の世代に人へ引き継いでくれているのと同じように、帯広も若い世代のメンバーに引き継いでいきたい。

Hさん&Nさん、今まで本当にありがとう。これからも、ヨロシク。
by younotame | 2008-03-31 01:07 | YEG | Comments(1)

最後の事業。

今年度最後の事業「スイーツガールコンテスト」が無事に終了した。
その様子は、かちまいのトップ面を飾りウレシイ限り。
a0050669_158430.jpg

写真の大きい扱いのが最優秀賞の作品。
左上が一般の部の方、右下が中高生の部の方。
どの作品も豆をモチーフに豆そのもの、豆乳、きなこ、味噌、豆腐など工夫を凝らしていてアイディア溢れるものばかり。
a0050669_241774.jpg

この事業をするに当たって、早い段階からお菓子業界、お菓子や十勝産食材に関する地元の有識者、高校や大学、専門学校など本当にたくさんの方々のお世話になった。
そして、雑穀の組合や、もちろん柳月さんにも。
地域の良さを発進するプロジェクトとして、大ちゃんリーダーとよっしサブの情熱はひしひしと地域の人にも伝わったし、YEGでもこういった取り組みをするんだという意味では大きなチャレンジだったし、最後の最後に地域の起爆剤になり得た事業だと思う。

心残りは予想に反して応募数が少なかったこと。
いろいろな助言をいただきながら決めた開催期間だったけれど、時期の悪さもあるだろう。告知方法も甘かったのかもしれない。一般に広く告知して取り組む事業のときには、いつも課題になることだけどね。

それでも、応募してくれた人たちは、本当にお菓子作りが好きそうで、真剣に作品を作る姿勢に感動した。家とは勝手の違って苦慮している方、グループで参加して和気藹々と楽しく参加している方、いろいろな20組の方たちだったけれど、「お菓子作りが好き」というのはみんなに共通していたように思う。

そして、作業を手伝ったり見守ったりするYEGスタッフも本当に楽しそうだった。
洗い物をする姿は氷まつりの所以か様になっているし、中には参加者との会話を楽しむ某独身メンバーもいたし(笑)プロジェクト以外のメンバーも意外と多かったね。
それだけ、みんなに注目され支えられていた証拠。

入賞した人の本当に嬉しそうな顔、入賞を逃したけれど参加を楽しんでくれた人の笑顔を見ると、この事業をやって良かったな、と思う。

お疲れさま&ありがとう。
YEGのメンバーはもちろんのこと、参加者にも、ご支援、ご協力いただいた方々にも心から感謝したい。
by younotame | 2008-03-30 23:54 | YEG | Comments(0)

BUSTAの日。

金曜日はBUSTA(バスタ)の呑み会だった。
BUSTAってのはカメラマンK氏が率いるダーツチーム。
ダーツも3月が年度末。4月から今年のリーグ戦が始まる。
1年の活躍(っても最下位らしい)を讃え、結成2期目の更なる活躍を誓う。

場所は綾月。
このお店は2回目。前回は奥のお部屋だったけれど、今回は一番手前(西2条側)のお部屋。お部屋によって趣も変えているようだ。

実は、K氏が仕事の縁があるとかで、この店に。
ちょいと値段交渉したコース料理らしいが、きちんと「本日のお品書き」も用意されている。しかも日付入りで。こういうのって特別扱いされているようでウレシイよね。
メインと思われる野菜と肉のセイロ蒸しは、テーブルで肉をのせていく。その辺のパフォーマンスもウリの一つのようだ。
ビールを3杯ほど飲み、最後は日本酒。
a0050669_5201737.jpg

二次会はホームでもあるTARO'S BARで。
写真は誰かが呑んでいたお酒。あたしはジントニック。
このクルミがいいんだなぁ。
a0050669_5224569.jpg

三次会はとあるビル地下のとある店。
あたしなんかは、フラリと入れない会員制のBARなのだ。
あたしは数年ぶり3度目か4度目のはず。
BUSTAのメンバーのうち、2人はココの会員。
そんなスゴイ方たちと同じチームにいるってイイのかしらん。
a0050669_525426.jpg

a0050669_5302457.jpg最後は、お寿司屋さんの権兵衛。
ここって確か歴史ある老舗の一つなんだよね。
取材では来たことがあったけど、客としては初めてかも。
んで、日本酒熱燗で。

a0050669_5311917.jpg今度から、このワッペンをユニフォームにつけなきゃならんそうだ。
うちらのユニフォームは赤のアロハシャツ。
胸ポケットの位置に付けることが決まった。
お裁縫せねば。

by younotame | 2008-03-30 02:07 | etc... | Comments(0)

銘酒の会。

今年度最後(次年度もあるのかぁ?)の銘酒の会は「旬彩や」で。

主役はもちろん、日本酒とHさん。
a0050669_4514683.jpg

この日のメニューは、突き出し、鍋、鶏と揚げ豆腐のサラダ、つくね、山菜の天ぷら、そしてオトコOさんちの山ワサビ。
あたしはオトコOさんの隣の席。彼のおかげで、鍋もキレイで美味しそう。
a0050669_4555812.jpg

結局、持ち込んだ3本のお酒では足りなくて、お店のお酒も1本空けちゃいました。
a0050669_457717.jpg

二次会はNさんの義妹さんが最近オープンさせたお店で。
アポロビルの地下、「blues harp」というお店です。もちろん、ココでも日本酒。
三次会は名門通りにできた立ち飲みやで。はい、ココでも日本酒。
四次会は㐂久代さんで。飽きずに日本酒。
a0050669_533950.jpg

いやはや、みなさんよく呑みますなぁ。あたしもだけど。
by younotame | 2008-03-30 00:47 | YEG | Comments(0)

鶴雅。

実は先週、初めて「あかん遊久の里 鶴雅」に泊まってきた。

その施設の素晴らしさやサービスの良さは耳にしていたけれど、ホント凄いね。
長いこと車に揺られて辿り着き、まず向かったのは1Fロビーのトイレ。
入ったとたんクチがあんぐり。ムダに広くてムダに豪華でかえって落ち着かなかったりして…。トイレはトイレらしくあるべきだよ。

部屋に案内されると、温泉まんじゅうの他に、漬け物やちょっとしたつまみ類があって、仲居さんがお茶を点ててくれる。お茶請けはお団子。
a0050669_483562.jpg

さっと温泉に浸かりお食事の時間♪
 ・食前酒のこくわ酒
 ・前菜の海鮮サラダ
 ・刺身の盛り合わせ
 ・タラバガニ
 ・箸休めのじゃがいも冷製スープ
 ・鶴雅鍋
 ・ズワイガニ卵白寄せ
 ・大根と蛸の柔らか煮
 ・牛ロースの石焼き
 ・海鮮ほうろく焼き
 ・生寿司
 ・デザートのグレープフルーツゼリー
めちゃくちゃお腹いっぱい。
a0050669_4154456.jpg

その後、館内のクラブでカラオケ。
クラブのお姉さんたちは北見から通っているそうだ。
そう言えば、仲居のお姉さんは釧路に帰ると言っていた。(今は阿寒も釧路だけど)
みんな遠くから通っているんだねぇ。

そして、お部屋で再び酒盛り。
ちゃんと「お夜食にどうぞ」とおむすびとデザートが用意されていた。
かにまんじゅうは本来夕刻のおやつらしい。うちらは到着が遅かったのでこの時間にいただいた。
a0050669_420569.jpg

朝もお風呂に入りに行ったんだけど、タイミングが悪かったようで大混雑。
脱衣スペースの他に、化粧台のスペースがあるんだけど、待てど暮らせどそのスペースが空かない。そこにしかドライヤーはなくて、なんとか髪を乾かしたかったのに…。よくみると、みなさんそこでお化粧までしちゃってる。んなの部屋に戻ってからしろよーって感じ。「その大きな鏡に後ろで待っている人も映っているでしょ?あんたたち何考えてんの?」とは言えなかったわよ。だって、言葉の通じなさそうな人も多いしさ。

朝食はダイニングで。
和・洋・中とメニューも充実している。
でも、おかゆもみそ汁も食べたいけど、卵焼きじゃなくてスクランブルエッグが食べたいしコーヒーも飲みたい、なんていう我が儘なあたしは、端から端までトレイを持って異動せねばならず、それだけで朝から疲れたよ。

最後は、ロビーの100円コーヒー(ちゃんとエスプレッソマシーンで淹れるやつ)をゲットして退散。「また行きたい!」とまでは思わないけれど、至れり尽くせりのサービスには歓心。
by younotame | 2008-03-29 23:59 | etc... | Comments(0)

今年度最後の「YEG NEWS」。

帯広YEGだけではなく、日本YEGでも年度末モード。
本日、今年度最後のメールマガジン「YEG NEWS」が発行された。

メルマガを購読していない人もいるだろうから、関連するメッセージをココでご紹介。


----- まずは日本YEG原田会長 -----

日頃より全国各地のYEGの皆様には大変お世話になっております。思い起こせば昨年2月の全国会長研修会いしかわ加賀会議での会員総会にて、平成19年度日本YEGスローガンを掲げさせて頂きましてから、早いもので一年が過ぎようとしております。私に出来ること、課せられた役割、また皆様への愛知大会の恩返しは、この中部地区の恵まれた交通機関を最大限に生かし、多くの会員の皆様とふれあい、とことん話をすることだと思い、全力で一年間走ってまいりました。その想いが「行動」というキーワードにあります。平成19年度日本YEGスローガンは“「We Can Do It .今行動!」 全ては愛する地域のために”と掲げさせて頂きました。これは、私たちYEGメンバー26,000名が、スケールメリットを生かし、自信と誇りを持って行動すれば目的は必ず成し遂げられ、そして全ての活動が愛する地域のためになるという強い想いを込めたスローガンです。

そのスローガンのもと、春の会長会議では平成19年度日本YEG会長所信を始め、日本YEG設立25周年という節目を迎える年間事業計画をお伝えし、ご理解と協力のお願いをしてまいりました。

そして25周年記念「YEG東京サミット」では、830名を超える多くの会員の皆様にご参加いただき、盛大に25周年のお祝いが出来ました事、多くの会員の皆様のお力添えがあってのことと感謝申し上げます。

ブロック大会では、各地域の特色と素晴らしさを、自信と誇りを持って表現されていたことが昨日のように思い出され、会員の皆様が本当に地域を愛しているということを実感させて頂きました。その集大成として11月の全国大会千葉大会には全国各地から大勢の会員の皆様にお集まり頂き、寒い中にもかかわらず多くのふれあいを実現することができ、改めて全国26,000名の会員の皆様の熱い思いに触れ、多くの感動をいただきました。

全国会長研修会長崎塾にも1,400名を越える皆様にご参加頂き誠にありがとうございました。今回の長崎塾にはメリハリをきちんと付け、今年度の会長様にはお疲れ様の意味合いも持たせ、また次年度の会長予定者様は小グループ化をさせて頂き、次年度の活動にお役立ていただけるように設営させていただきました。お蔭様で多くの皆様に役に立った研修会でしたとお言葉を頂くことができ大変嬉しく思います。会員総会では設立から25年間変わることの無かった規約の目的の変更を、満場一致でご承認頂き、新たな責任を持った日本YEGとしての一歩を踏み出すこととなりました。皆様の意識改革が同じベクトルであることを確認できました。

また、この一年間具体的に取り組んできたことも実を結びつつあります。それは事業承継税制の件です。昨年7月の事業承継円滑化提言に、日本YEGの提言が反映されました。ご存じのとおり、YEGの会員は全国の中小企業経営者とその後継者の集まりで構成されています。事業承継時に、これまで10パーセントの非課税だったことが、同族会社の株については80パーセントを非課税(5年間納税猶予)にすることで、後継者の育成と地域の雇用の確保を目指すというものになりました。皆様の多くの声が行動となり大きな成果となりつつあることを強く実感いたします。また道路特定財源についても地域格差是正のためにも、暫定税率の維持をし、真に必要な道路14,000キロの高規格幹線道路の整備を早期に進めていただくよう提言書をまとめて参りました。今後もそれぞれの地域の中小業の活性化のためにもYEGとして声を上げていく必要性を強く感じさせていただきました。

年度末を迎えいよいよ残すところあと数日となりましたが、今後も26,000名の会員の皆様が、より積極的にYEG活動に参加され、より多くの意見と行動を起こしてほしいと強く願います。時代の移り変わりの中で求められるものも変化します。過去を変えることはできませんが、未来は変えられます。われわれYEGは、青年経済人としてあらゆることに柔軟に対応し、行動しなければなりません。その行動の積み重ねが大きなパワーとなり、地域を動かしていく礎となります。そして皆様の愛する地域が、激しく変化していく日本を支えていくことにもつながります。

お支えを頂きました全ての皆様に心から感謝を申し上げ一年間の報告といたします。
 “「We Can Do It .今行動!」 全ては愛する地域のために”


----- つづいては我らがミスター、日本YEG國枝直前会長 -----

平成19年度出向者の皆様、お疲れ様でした。

当事者の皆様にとってはあっという間に駆け抜けた楽しくも忙しい一年半であったかと思います。単年度制であるがゆえにスタート時はいつも試行錯誤を繰り返しますが、日本YEGの役割とは何か…をおぼろげながらもつかみ始めた中盤からは皆様の目にも自信が見て取れ、目標に向かってひたむきに突き進んでこられたのではないかと感じております。

地域のYEGは現場だからこそ出来ることがあります。日本の連合会である日本YEGは個別の地域では解決できないものにこそ取り組むべき使命があります。そしてそこに参加し、多くの経験を得た皆様がこれからやるべき事は、日本YEGで学んだことや人と人との連携、ネットワークをベースに今度はそれぞれの地元でその力を発揮することだと思います。その使い方はともかく(笑)、やたらエネルギーの高い皆様ですから決して隠居などすることなく、地域でも思いきり活躍して頂きますよう期待しております。

私的には議決権のない直前会長とはなかなか微妙なもので(笑)、たいして皆様のお手伝いも出来ず申し訳ありませんでした。


----- そして最後はスイーツ大ちゃん、日本YEG広報委員会の工藤委員 -----

私自身はじめての出向、尚かつ出遅れての参加となったため、要領を得ないまま最初に出席した委員会時のことでした。山田委員長が「工藤さん、よく来てくれました。とにかく北海道ブロックをやってくれれば結構ですから・・・」と声をかけてくださったのです。(一瞬、随分期待されてないなあと思いつつ“冗談です!”)この一言は、何もかもはじめての私をリラックスさせてくれる優しい言葉でした。

実際の委員会活動においては、委員長のもと下中・高倉両副委員長の見事な段取り(まさに段取り八分!)で、私自身お役に立てたのか活動を終えた今でも心配になるくらいです。

また、広報委員会は全体の動きを見ることができる立場でしたので、各委員会を始めみなさんの時間を惜しまない積極的な活動を目の当たりにし、改めて出向者のポテンシャルの高さを実感しました。

最後に本当に楽しく個性的(!)な委員会メンバーのみなさん、一年間本当にありがとうございました。



というわけで、日本YEG出向の皆さまもお疲れさまでした。

ここ数年、積極的に日本YEGにメンバーを出向させてきた帯広YEGだけど、ここらで一段落、といったところだろうか。4月からスタートする平成20年度はミスターが相談役として在籍するのみ。特に近年は、ミスターやGさんが注目されるポジションに就いていたので、なんだか淋しい気もする。
いったん休憩するにしても、日本YEGや全国各地のYEGメンバーとのパイプは細らせないで欲しいし、近い未来に、また帯広のメンバーが日本YEGで活躍することを期待したい。
by younotame | 2008-03-28 15:46 | YEG | Comments(0)

一週間後のコンサート。

久しぶりに「アイドル」のコンサート。

久しぶりって言うより、もしかして初かも。

その手配書が届いたんだけど、「スゴイ」の一言。

出演者とスタッフの数がめっちゃ多いし、本番中のシゴトの指示もめっちゃ細かい。

気合いを入れて挑まねば。
by younotame | 2008-03-28 01:04 | etc... | Comments(1)

おつまみ。

例会通信「おつまみ」。
気が付いたかな?オイちゃんとあたしのメッセージが同じだったこと。
あたしが指摘するまで「おつまみ」担当のHくんも気が付かなかったようで、その時の驚きの表情が忘れられない。Hくん、気にするこたぁないさ。人間誰だって間違うことはあるさ。

----- というわけで、あたしからの150文字メッセージはコチラ -----

人との出会いが好きな私。この一年も地域と関わるプロジェクトや委員会を担当し、多くの出会いがありました。苦労したことも涙したこともあったけれど、楽しいこともたくさん。新たなことにチャレンジしたYEGとともに、少しは自分自身も成長できたと信じたい。まだ担当事業が残っていますが、笑顔で副会長最後の日を迎えるつもりです。
by younotame | 2008-03-27 03:27 | YEG | Comments(1)

OIY卒業式。

3月26日は帯広YEGの卒業式。
折しも、姉妹提携している伊勢YEGでも卒業式。
だからOIY卒業式の日。

今回卒業したNさんもHさんも伊勢さんとはとても縁のある方。
そして、定年が45歳の伊勢さんの方では、平成12年3月の締結式を知る最後(たぶん)のメンバーが卒業していった。些細なことだけど、こんなところにも伊勢さんとの繋がりを感じてしまう。

その伊勢さんの卒業生を代表してTさん宛にお祝いの電報を送った。
去年もツージーさんの卒業で電報を送ったんだ。

実は、前日の銘酒の会の二次会で、伊勢のTさんにTEL。
Tさんと帯広のHさんは仲が良く、卒業生同士で祝いたいだろうと電話を繋いだ。
その時まで、電報のことは頭からすっかり抜けていて、ふと、「やばっ、今年も電報を送らなきゃ」と大慌て。ぐでんぐでんのまま真夜中の4時半に(朝やん)にWEBで電報を打ち込んだ。いろいろ思い入れもあって、書き殴っていたら文字数オーバー。何度も書き直して手続き終了。無事に卒業式に間に合い、総務委員会の副委員長さんが読み上げてくださったそう。

ただ、ひとつだけ大失敗。
電報のメインはTさん宛てなんだけど、思いつく他の卒業生の方のお名前も入れたんだ。「○○さんも△△さんもご卒業でしたでしょうか?」って。
○○さんはあと1年あるらしい(笑
それを知って丁重にお詫びしたけど。

来年3月は○○さん宛てに電報を送ることを忘れないでおこう。
by younotame | 2008-03-27 03:13 | YEG | Comments(0)

うぅ。

月曜日は分科会のあと、次年度の委員会に合流。
深酒しないで戻ってきた。

夕べは銘酒の会。
戻ったのは2時頃。

そんなに呑んだつもりはないし、
途中からお茶でセーブしていたのだけれど、
カラダがとっても辛い。
クスリを飲まずに寝ちゃったからかな。

今日は今年度最後の定例会。
臨時総会と卒業式。
みんなに会うのを楽しみにしているよ。
by younotame | 2008-03-26 11:42 | YEG | Comments(0)