ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

Sweets三昧。

a0050669_2382525.jpg朝イチで鹿追町笹川へ。
一週間ほど前にオープンしたばかりのパティスリーrokuさんへ。店は大草原の小さな家の敷地内、帯広から行くと一番手前の建物だからわかりやすい。外観からは小さなお店に見えるけど、ショップスペースの奥にはイートインスペースが広がっていて、大きな窓からの景色もイイ感じ。
パティシエは約10年間、高級フランス菓子店で経験を積んだ方。国内のフランス菓子のコンクールでも優勝されていて、来年1月には本場フランスでの大会にも参加が決まっている。そんな方が鹿追町出身で、「地域に根ざした洋菓子文化を鹿追から発信していきたい」と活躍の場に地元を選んだ。
なんだか、十勝人ってスゴイな。

a0050669_2402410.jpg

こんな感じで生ケーキもクッキーなどの焼き菓子も豊富。ギフト用の籠やボックスなどラッピングのバリエーションも数パターン用意されているし、オシャレな保冷バッグの販売もあるから、お土産やプレゼントにもオススメよん。


a0050669_2454599.jpg午後からは清水町羽帯のサワラビテラスさんへ。
R38を避けて日勝峠に向かうときに走る道道沿い、細いカーブが連続する辺りで、この看板を見たことがある人は多いと思う。この看板から砂利道を登ると、斜面にポツンと建物があるんだけど、ココは雪解けと同時にオープンし、12月には冬季休業に入ってしまうカフェなのだ。
景色を見下ろせるように窓が配置されていて、遠くは雌阿寒岳や大雪のニペソツなんかが一望できる。秋の日没時間が早まる頃には、帯広の市街地の夜景(夕景?)も見えて、双眼鏡を使うと藤丸さんの看板なんかも見えちゃうらしい。
天気のいいときにまた行きたいな。
あ、シルバーの覆面に要注意らしい(笑

a0050669_2562961.jpgココで提供されているスイーツは、町内で少人数制のスイーツ教室を主宰している方の手づくり。「十勝の中ではここが一番オイシイ」というファンも多い。
実はそのパティシエール、オオミヤとは10年くらい前からの知り合い。最初はカフェにケーキを卸すというスタイルを取っていたそうだけど、あまりにもカフェでのケーキの人気が上昇したからか、今ではカフェに常駐してココの厨房でケーキを焼いているそうだ。
前回お会いしたときは共通の友人の結婚式で、「自宅でケーキ教室を始めたんですよぉ」なんて言っていた頃だったから、3〜4年ぶりかな。久しぶりに逢えて良かったよ。

で、シュークリームとカボチャのプリンを自分用に購入したら「少しサービスしておきました♪」とカフェで一番人気のロールケーキが2つも入っていた。
このロールケーキが絶品でねぇ、BOSSのところに手土産に持っていったら、その美味しさにめっちゃ感動してたよ。
by younotame | 2009-06-22 23:59 | etc... | Comments(0)
<< 当たり前基準─十ヶ条。 第3日目十勝川B球場。 >>