ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

取材とその後の展開。

a0050669_2341425.jpg取材で訪問したのはDining&Wine Anna Anna。今は番街屋台として営業しているけど、屋台時代から顔馴染みの店。

写真は夜メニューの一品「カツサンド」。カツサンドといやぁ千切りキャベツが定番だけど、こちらはスライストマトとスイスチャード。トマト嫌いのあたしでも大満足の美味しさ。
奥に見えるのは半田さんちのチーズの盛り合わせ。初めて食べたチーズもあった。いつもいいシゴトされてるよね、半田さん。

オーナーシェフ下川さんの現在のイチオシは「三上先生の十勝生ハム」というメニュー。
帯広畜産大学発のベンチャー企業「十勝生ハム製造研究所」の商品で、イタリアンレストランで見かけるハモンセラーノのように骨付きのまま店頭に置いて、オーダーを受けてからお客様の前で切り分けている。十勝の食材にこだわるレストランなどでの取り扱いが増えつつあるみたいだけど、なかなか普及されないのは価格がネックなのだとか。ネームバリューのあるイベリコ豚の生ハムと市場に出て間もない十勝生ハム。そう大差ない価格だったらイベリコ豚が選ばれてしまうんだって。それは店主や調理人の話だけど、消費者だって同じかも。レストランや飲食店でイベリコ豚の生ハムと十勝生ハムが同じ価格で提供されていたら、イベリコ豚を食べようとする人が多いんだろうな。
十勝で生まれた生ハムが、地域の新しい食として地域の人たちに愛されるには時間がかかりそう。ちょっと悲しいけど、これが現実なのだ。

a0050669_2532818.jpg第59回勝毎花火大会で、こんな企画が始まっていたとは知らなんだ。

その名も「みんなの花火」。

募金を募って、集まった募金の総額に準じた大きさの花火を打ち上げるらしい。もしかしたら尺玉も復活?

花火玉を募金箱にしてしまうアイデアには脱帽だけど、POPのセンスの無さが気になるのはあたしだけ、か。

a0050669_335778.jpg取材を終えてから母を迎えに芽室のお寺へ。
晩ごはんを……という算段だったけれど、例の送ってくれた叔父の家にお土産を届けたいというので、西帯広にある叔父の家へ。叔父の家はこの冬に建て直していて、あたしは新しい家になってから初めての訪問。夫婦2人だからとコンパクトな平屋でイイ感じ。

で、晩ごはんはというと、「バスの中で配られたお弁当があるから食べなさい」と。あたしの目論見は虚しく崩れちゃいました。

写真は母のお土産のかま栄のかまぼこと、お迎えに行ったあたしに「ごくろうさま」とお寺の坊守さんがくださった愛媛県三崎町のナダオレンジというもの。グレープフルーツか?っていうくらいデカイ。でもオレンジって名だし、どんな味なのかなぁ。
あたし、果物の大半は食べられないけど、柑橘系の大きいのは大丈夫。普通のミカンは苦手なんだけど、はっさくとか夏みかんとかグレープフルーツって好きなのよん。ちょっと食べるのが楽しみ。ありがとう、坊守さん。

a0050669_3241912.jpganna annaの店先ではなわてさんの野菜市を開催中。
ここ数年の恒例行事だけど、今年もやっていたんだ。知らなかったよ。6月1日からスタートしたそうで、今年の会期は10月31日まで。16時〜19時、日曜定休。

ここはグラム売りもあるからいろんな種類を少しずつ買うこともOK。ほうれん草、スイスチャード、わさび菜、水菜、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン2種の8品目を買って650円。ハピオガーデンとは品揃えが全然違うし、なんたって、なわてさん本人から食べ方のアドバイスなどを受けながら買えるのがウレシイ。なわてさんの「がははは」という豪快な笑い声も聞ける。
これから野菜のゲットはハピオじゃなくてココ率が上昇しそうだわ。


a0050669_3362468.jpgこちらはカメラマンK氏の新作(?)自家製ベーコン。
豚バラ肉の塊を塩漬けして、乾燥させて、本日午前中に庭先の石窯で軽く燻したという出来たてホヤホヤだけど、手間暇はかれこれ2週間くらいかかってるんだって。
「塩抜きが甘かったのか塩辛い」「表面が固くなってしまった」と言っていたけれど、初めての挑戦にしては上出来じゃないかなぁ。

で、ネットで調べてみたら、中華鍋があれば家庭のコンロでも作られる見たい。塩漬けと乾燥を入れても一週間くらいでイイみたいだ。ちょいと、あたしもトライしてみようかな。←しないと思うけど。

a0050669_349084.jpgで、結局母のところでは満足な晩ごはんにありつくことができなかったし、なわてさんの新鮮なお野菜さんが手に入ったし、カメラマンK氏には「食べた感想を聞かせてね」と言われているし、真夜中にサラダにしてみた。
今回のヒットは「パープルニンジン」という小さな紫色のニンジン。見た目はイマイチの色だけど、中は鮮やかなオレンジで、甘みもあってオイシイ。「イエローニンジン」は、ニンジンらしい味が薄くってなんだかもの足りない感じだけど、パープルの方はハマリそうよん。

で、自家製ベーコンの感想だけど、確かに赤身の表面部分が固かった。乾燥時間が長すぎたのかな?脂身も油っぽさが目立っちゃってるかも。カリカリベーコンにしたら固さも気にならなくなるんじゃないか。スープにしてもいい味がでそう。
ベーコン第2弾もあるのかな。ちょっと期待してみよーっと。
by younotame | 2009-06-19 00:27 | etc... | Comments(0)
<< ハラッチ。 誘惑。 >>