ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

植物探求─四

a0050669_21373110.jpgヒメオドリコソウ(姫踊子草)。

明治時代中頃に渡来したヨーロッパ原産の2年草。
葉は網目状の葉脈が目立ち、揉むと悪臭があるらしい。今度試してみよっと。

<2008.05.26撮影>

a0050669_22462752.jpgノハカタカラクサ(野博多唐草)、別名トキワツユクサ、ツユクサ科の植物。

南アメリカ生まれの多年草。昭和初期に観葉植物として導入され野生化しているらしい。
うちのは葉が痛んでいるのか白くなってしまっているのが痛々しい。

<2008.05.21撮影>

a0050669_022572.jpgキリンソウ(黄輪草)。

キリンソウっていう言葉から動物のキリンを想像してしまいがち。黄色い輪、なのね。ノコギリ状の葉が特徴らしい。雄しべが黄色いのもあるそうだ。

<2007.07.01撮影>

a0050669_0301161.jpgミヤコグサ(都草)。

黄色い花が何とも愛らしい。

<2008.05.26撮影>

a0050669_0505644.jpg
フジ(藤)。
うちのはそんなに大きな木じゃないけれど、見事な枝っぷり。こりゃ、藤棚を拵えなきゃならんかね。
<2008.05.26撮影>

a0050669_364758.jpgワスレナグサ(勿忘草)。

ムラサキ科の植物で、キュウリグサとか、タチカメバソウとか、スゴイ似ている花もあるんだけど、きっと、ワスレナグサで間違いないと思う。花自体は1センチにも満たない小さな花で、ホントに可憐な花。花が咲いている期間も長いような…。

<2008.05.26撮影>

a0050669_344855.jpgオオチゴユリ(大稚児百合)。

同じユリ科でチゴユリっていうのもあるんだけど、きっと、オオチゴユリ。
下向いている花を強引にアップで写してみたんだけど、ピントが合わずボケボケ。
でも、ま、花の雰囲気はわかるでしょ?

<2008.05.26撮影>

a0050669_451017.jpgクロユリ(黒百合)。

ご存知かとは思うが、帯広の市花。
なんで黒百合が市の花なんだろ。特別キレイな花なわけでもなし、特別珍しい花でもない。本州でも中部以北で咲いていて、石川県の県花にもなっている。

<2008.05.26撮影>

by younotame | 2008-05-27 00:37 | flower | Comments(0)
<< 明日の集合時間変更。 植物探求─参 >>