ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

サクラサク。

っても、我が家のサクラはまだ蕾のまま。
急にまた寒くなっちゃったしねぇ。

でも、先日へし折って実家に届けた2本の小枝のほうが、ミゴトに開花。父の仏前で存在感を主張しておりました。
a0050669_3242063.jpg

それにしても、このサクラの種類が未だに謎。こんなサイトでも調べてみたが、イマイチどれも違うような…。
雌蕊から察するにチシマザクラなのかなぁ。

今日の夕飯は母と相棒と3人で、先日オープンしたばかりの「お食事と炭焼き居酒屋 山翠庵」へ。1月にお亡くなりになった書道家の小林翠山さんのお弟子さんが、師の意志を引き継ぎ飲食店を開いた、と、数日前の新聞記事にもなっていたので、記憶に残っている人もいると思う。
で、そのお弟子さんのご子息が以前緑ヶ丘にあった「麺茶寮みやざき」の店主だった方。
実は、うちら、みやざきさんに通い詰めていて、店を閉めたときには「もうラーメンが食べられない」と悲観したほど。病気療養で閉めたんだけど、元気になられてからは静養をかねて夏の間だけ川湯で民宿をやっていた。そこでもラーメンを作っていて、それを知ったときには、川湯まで行ったほど。
うちらの休みがなかなか合わないので、川湯まで行けたのは、たったの一度きりだったけれど。

お正月にメールで連絡を取ったときに、今年の民宿スタートは4月くらいと聞いていて、GWにでも川湯に行けたらいいなと話していた矢先にこの度の新店オープン。
久しぶりにお会いした店主と奥さまはとても元気で、お二人もうちらのことを気にして下さっていたらしい。ウレシイ限り。

お店はラーメンとジンギスカンとおばんざいと称した小料理がメイン。
みやざき時代に隠れ人気メニューだった豚丼も健在。
そして、種類は多くないもののお酒にもこだわりが。
森伊蔵、百年の孤独などの焼酎と、久保田万寿、越乃寒梅などの日本酒も。
久保田万寿と越乃寒梅は、父が好きだったお酒で母もボトルを見て喜んでいた。

あたしが日本酒派であることをお話しすると、店主のお気に入りという愛媛の「梅錦」というお酒をご馳走してくれた。香りも口当たりも良く美味しい。

どのお酒も、地元の酒屋で買えるものではなく、ネットで買い付けて揃えているそう。
百年の孤独といえば、宮崎の高鍋YEGのIさんの焼酎。
Iさんは北海道帯広大会ときに旭川コースの分科会に参加されて、あたしにとってはとても印象に残っている方。大会のついでに北海道を回りたいということで、大会参加前から連絡を取りいろいろお世話させていただいた。手みやげに百年の孤独をいただき、感動したことが忘れられない。

そのIさんに連絡を取って、直接取引ができないものかどうか聞いてみようと思う。
by younotame | 2008-04-28 00:13 | etc... | Comments(0)
<< サイタサイタ。 ゴメンナサイとアリガトウ。 >>