ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

お隣さん2。

家の中の解体したものを運んでいる、と思っていた音は、
もろ、ユンボで家を壊している音、だった。

うちの相棒も一応建築関係の仕事。
産廃も仕分けが厳しくなっているし、
家一軒を解体するのは、そう簡単じゃないだろうと踏んでいた。

だから、まずは、家の中の外せるものを外し、
それを運び出してから外壁を壊すと思っていたんだ。

なのに、
日も沈んで、音がしなくなって暫くしてから外に出てみたら、
家そのものが無くなっていた。
バラバラになったコンクリート片や木材片の上にユンボが鎮座。
我が家の壁に寄り掛かるように、巨大なゴミの袋。

おいおい。
これで強風が吹いたらどうなるん?

しかも、いきなりこうくる?
そりゃ、うるさいわけだ。

っていうか、こうなる前に、
近隣にご挨拶するのが先じゃないの?
最近は、そういう挨拶も建築屋の仕事らしいけど、何もないよ。

それが原因なのか、朝からずっと頭が痛い。
こんな日が暫く続くかと思うと余計に頭が痛くなる……。


 あっ、うちの呼び鈴壊れているんだった。
 だから、うちだけ挨拶がないのかも……。
 だったらゴメンナサイ。建築屋さま。
 
by younotame | 2008-04-12 00:06 | etc... | Comments(0)
<< 13日の初ゲーム。 お隣さん。 >>