ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

最後の事業。

今年度最後の事業「スイーツガールコンテスト」が無事に終了した。
その様子は、かちまいのトップ面を飾りウレシイ限り。
a0050669_158430.jpg

写真の大きい扱いのが最優秀賞の作品。
左上が一般の部の方、右下が中高生の部の方。
どの作品も豆をモチーフに豆そのもの、豆乳、きなこ、味噌、豆腐など工夫を凝らしていてアイディア溢れるものばかり。
a0050669_241774.jpg

この事業をするに当たって、早い段階からお菓子業界、お菓子や十勝産食材に関する地元の有識者、高校や大学、専門学校など本当にたくさんの方々のお世話になった。
そして、雑穀の組合や、もちろん柳月さんにも。
地域の良さを発進するプロジェクトとして、大ちゃんリーダーとよっしサブの情熱はひしひしと地域の人にも伝わったし、YEGでもこういった取り組みをするんだという意味では大きなチャレンジだったし、最後の最後に地域の起爆剤になり得た事業だと思う。

心残りは予想に反して応募数が少なかったこと。
いろいろな助言をいただきながら決めた開催期間だったけれど、時期の悪さもあるだろう。告知方法も甘かったのかもしれない。一般に広く告知して取り組む事業のときには、いつも課題になることだけどね。

それでも、応募してくれた人たちは、本当にお菓子作りが好きそうで、真剣に作品を作る姿勢に感動した。家とは勝手の違って苦慮している方、グループで参加して和気藹々と楽しく参加している方、いろいろな20組の方たちだったけれど、「お菓子作りが好き」というのはみんなに共通していたように思う。

そして、作業を手伝ったり見守ったりするYEGスタッフも本当に楽しそうだった。
洗い物をする姿は氷まつりの所以か様になっているし、中には参加者との会話を楽しむ某独身メンバーもいたし(笑)プロジェクト以外のメンバーも意外と多かったね。
それだけ、みんなに注目され支えられていた証拠。

入賞した人の本当に嬉しそうな顔、入賞を逃したけれど参加を楽しんでくれた人の笑顔を見ると、この事業をやって良かったな、と思う。

お疲れさま&ありがとう。
YEGのメンバーはもちろんのこと、参加者にも、ご支援、ご協力いただいた方々にも心から感謝したい。
by younotame | 2008-03-30 23:54 | YEG | Comments(0)
<< 卒業生の2人。 BUSTAの日。 >>