ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

風邪かもしれない。

a0050669_1125920.jpg

及ちゃんがパネリストとして参加した「街シンポ」。及ちゃんは、第2分科会がまとめた商店街アンケートの結果から抜粋し、ホコテンの影響について報告。そこから見えてくる課題をコメント。
基調講演は遙か南からやってきた街づくりに尽力する方。勢いのある語り口が印象的だった。
YEGのメンバーは、あたしを含めると7人プラス実行委員会にも参画しているメンバーが2人かな。

シンポ中の2時間半ほどは、ほとんどしゃべることなく黙っていた。そして、終了後、及ちゃんに「お疲れさま」と声をかけた。
あれっ?おかしい? なんか自分の声がいつもと違う……。
のどが痛いわけでもないし、熱っぽいわけでもないが、風邪の前触れかもしれない。

a0050669_1485588.jpg

実は今日、違う組織の仲間が、「感性価値による北海道ブランド振興シンポジウム」を札幌で開催した。そっちも行きたかったな。
某S誌の編集会議があったから、どっちみち行けなかったんだけど、さ。

コチラのシンポに登場する長澤忠徳氏、宮島慎吾氏、白井要一氏の3人は、帯広十勝との関わりが深い方。デザインの観点から見た地域振興の話しは本当に面白い。酒を呑みながらだと、その面白さが10倍くらいになる。機会があったら、彼らの話も聞いてみて欲しい。

「街シンポ」はどちらかというと、中心市街地をどうしていくかが観点。
あたしはというと、中心市街地だけではなく、地域全体を見た行動をしていきたい。
確かに、中心部が衰退すると地域全体がダメになるという考えも理解できる。だからって、中心部のことだけを考えていけばいいというもんじゃない。中心部を支えるためには地域全体が元気じゃなきゃいけないと思うんだ。

YEGでも同じ。
自分の単会が良ければそれでいいとは思わない。
道東協議会のなかの帯広、北海道YEGのなかの帯広であって、自分たちのことを考えるのと同じ力を注いで地域全体(YEGの場合、道東とか北海道とかね)を考えていくべきだと思うし、自分自身そういうスタンスを貫きたい。組織のなかにいると、なかなか思い通りの行動はできないんだけどさ。
しかも、組織のなかでは、あたしのこういう考えは理解してもらえず、考え方が違うと邪魔だと排除されてしまう。十人十色、いろいろな考え方やスタンス、それを踏まえた行動をとるメンバーが集まるからこそ、組織はおもしろいし活性していくものじゃないんだろうか。う〜ん、先日の「奈落の底事件」が未だに尾を引いている……。正直言って辛い。
by younotame | 2008-03-08 02:07 | YEG
<< とんぼ玉その後。 トンボ玉。 >>