ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

雪だるま。

中学1年の姪。
東京で生まれ、東京で育ち、一昨年札幌に単身赴任となった父(兄)を追い、昨年の春、中学入学と同時に札幌の住人になった。冬の北海道には何度も来ているけれど、札幌の雪はまだ少ないらしい。ちょうど帯広入りした日の29日の豪雪にも驚愕していた。
その姪が、1日の夜ぽつりと呟いた。
「ねぇ、雪だるまってどうやって作るの?」。
そんなわけで、2日の昼間に父親と2人で作り上げたらしい。
久しぶりに見たよ、こんなでかい雪だるま。よっぽど嬉しかったんだろうな。
a0050669_231597.jpg


そんな2日の夕方、母から電話。
「晩ご飯の準備はOKだからデザートを買ってきて」。
というわけで、閉店間近の「あさひや」さんで人数分のケーキを購入。全部違う方が面白いかな、とバラバラに。案の定、ジャンケンで奪い合いとなり、最終的には、全員で回しながら味見する羽目に。
a0050669_2324114.jpg


もう一つ、「兄嫁はチーズが好きだったよなぁ」ってワケで、「クリームチーズパイ」も。
上の写真のケーキはどれもクドそうだけど、このクリームチーズパイのサッパリ感がお口直しに最適だったよ。
a0050669_2314337.jpg


高校生まで帯広で過ごした兄も、なぜか母も、
ケーキといえば、六花亭か柳月。
パンといえば、ますや。
焼肉といえば、平和園。
チーズといえば、よつ葉や雪印。
そういう固定観念でがちがち。
だから、リクエストがあれば、敢えて違うところで購入したり、利用したりする。彼らの反応が面白い。
なのに母は「いつも六花亭か柳月だから新鮮だ」みたいなことをサラッと言う。
「てめー、北海道ホテルのケーキだって、ありがとうのケーキだって、あさひやのケーキだって、買ってきてやったことがあるだろっ」とは、言いたくても言わなかったわよ。大人じゃん、あたし。
by younotame | 2008-01-04 02:44 | etc...
<< YEGの初仕事。 20年ぶりの再会。 >>