ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

今更だけど、イイワケ

23日と24日は病院だったんだ。入院している父のことで。
23日は担当医から病状や今後の治療方針についての説明。翌日は、入院先の医療相談員の方と面談。どちらも大空へ母を迎えに行き、送っていくという役目も。もちろん、1日中病院にいるわけではなく、その合間を縫ってシゴトもしつつ。

そして夜は両日ともYEG。23日が役員会で24日が委員会。
どちらも会議終了後は居酒屋へ。でも呑んでないよ、車だったからね。家に戻ってからもシゴトがしたかったし。

25日は本別で音響のシゴト。郡ちゃんの会社を6時出発。
24時前に自宅に戻り、洗濯機を回しつつなんだかんだとやっていたら朝4時過ぎ。わずかに仮眠を取りシャワーを浴び出発。ほとんど寝ていない。その前日も2時間くらいしか寝ていない。

本別の現場を終え、自宅に戻ったのは、20時ころだったろうか。
なんだかんだして、夜中の2時ころ相棒が帰宅し、晩ご飯。
(うちの晩ご飯は夜中なんです。この夜は特に相棒の帰りが遅かった)
そんなこんなしているうちに3時ころになり、「あ〜今日も寝られない」と、ユニフォームを手元に用意し、座ったとたんに、ウトウトしてしまったらしい。

気がついたら7時5分だったというわけさ。ははは。

ということだ。
本当にゴメンナサイ。

ここ数日間の寝不足と心労(これにゃYEGも含まれるんだが)と野球に行けなかったショックと蒸し暑さで、凹んだ気分のまま何もする気になれず気がついたら午後3時。
慌ててシャワーを浴び、着替えてホテルに出動。
夜の婚礼を1本こなし、終了後は翌日のフェアの段取り。全ての作業が終わったのが夜中の2時半。自宅に戻り、ご飯を食べて、こうしてイイワケしているのさ。
2時間後には再度ホテル入りっす。(また、寝られないや)

さて、父だが、改善策は肺移植しかない、と通告を受けました。
もちろん、そんな大それたことはできないわけで、療養型病院に転院するか引き続き自宅で在宅酸素治療を続けるしかありません。本人の意志もあって自宅での治療を選びました。介護保険の介護度再認定の手続き、実家の準備(医療用ベッドとか用意せな…)、等々、ややしばらくは、バタバタしそうです。
by younotame | 2006-08-27 04:45 | etc... | Comments(2)
Commented by 監督 at 2006-09-04 08:56 x
大変だ!ホントに肩イカレたかも?常に痛みが取れないし、ちょっとしたことで激痛が… 肘の痛みも気になるし…  誰かジョ−ブ博士以外でいい医者知らない?
Commented by はらっち at 2006-09-04 16:46 x
マジで~ どれどれ原田博士が診察しよう 当社の工場に入院の形になりますが! 設備は整っております!!いかが?
<< ダメなあたし… 05倶楽部野球部のみなさま、ご... >>