ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

ご無沙汰…

blogが更新されず、ヤキモキしている人もいるかなー。ゴメンよ、なかなか手が回らなくてさ。いろいろネタは温存してあるんだけど、ね。
この間の試合のことは、帯広YEGの本サイトに野球部のページ(これなら、対戦相手も見てもらえるでしょ)を作ったし、笑門福来blogでも紹介したから、まずは、そっちを見て。

8月1日、父が入院しました。
もともと身体の弱い人で、入退院を繰り返しているんだけど、今回は2年ぶりくらいかな。
前回退院したときから自宅酸素療養だかっつーのになって、家に酸素の機械があるの。家にいるときも常にゴムチューブから鼻に酸素を送っているわけ。外出するときは小さなボンベをカートでゴロゴロ…(ホントは肩にかける人もいるんだが、そんな体力もない)。
父がそんな状態になってから知ったんだけど、これって身体障害者なんですよ。びっくり。

今日は、定期的な診察日で、このところ辛かったのを「もうすぐ診察日だから…」って相当ガマンしていたみたいです。即、入院となりました。
今までの父なら「ミキコには黙っておけ」というのですが、今回は珍しく自分から「ミキコに連絡してくれ」と言ったそうです。このところ、家に顔を出していなくて、久しぶりにあった父はベッドの上で一段と小さく見えました。

で、うちの両親って携帯電話を持っていない。
母も以前大病を患っているし、父もこんなだし、連絡が取れいないとあたしや兄がヤキモキするということも少なくなかったんです。
今日、母から来た入院の知らせも病院の公衆電話から。やっぱ、連絡手段がないと不便だなーってわけで、母の電話を切ったあと、すぐにコマツにTEL。「親に電話持たせたいんだけど」。奥原さんのドコモショップで店長の親切な説明を受け、らくらくホンをGET。
ドコモの袋をひっさげて病室へ行きました。
父も母も、そして札幌の兄も、東京の兄嫁(兄は単身赴任)も大喜び。
電話機自体は事務手数料だけだし、いろんな割引を組み合わせれば意外と基本料(通話料もいくらか込み)も安いし、こんなにみんなが喜ぶなら、もっと早くプレゼントしてりゃーよかったなー。

研究熱心な父は病院のベッドの上だし、母はビデオも一人では見られないほどのメカ音痴。
ま、父のいない間、彼女が携帯電話を使いこなせるかどーかが問題だな。

あなたも、両親へのプレゼントに携帯電話をおひとついかがっすか?
by younotame | 2006-08-02 03:57 | etc...
<< 今日の婚礼 明日は猛牛亭♪ >>