ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

粋な三味線奏者に遭遇

ま、このタイトルで、どなたに遭遇したかはお察しできるでしょう。

そう、あたしは今日、先に述べたとおり、音更文化センターでお仕事。
民謡だかカラオケだか、何をやるのかわからずに会館へ行ったのですが、正解は民謡でした。
第37回十勝錦玉民謡連合会発表大会「夏の唄まつり」。
三味線、尺八、太鼓の生演奏に併せて、民謡教室の皆さんが日頃の練習の成果を発表するんだけど、所々に協賛団体やゲストの舞踊が入るんだ。最後はプロの民謡歌手や演歌歌手のゲストも。そうなると、あたしの出番で、カセットテープやMDの音源を事前にチェックして、キューに合わせて音を出す。

で、三味線といやぁ、コマツでしょ。コマツにメール。
だって、ほとんどの曲で三味線を弾いてらっしゃるのは、確かコマツのお師匠さまのはず。
あたし「今日は音更の会館。民謡漬けよ」
コマツ「ボクも今音更に着いたところ」
あたし「弾くの?」
コマツ「伴奏で1曲だけ。曲を覚えていないのでボクに前にマイクがあったら小さくしてね」

へへ〜んだ。マイクのレベル調整はあたしの役目ぢゃないもんねー。

新民謡大会優勝者というので5名くらいが唄ったんだけど、そのうちの一人の伴奏がコマツでした。ゲスト扱い並みのコーナーですよ。

音響ブースってのは2階にあるのね。舞台の下手花道の上。コマツの姿に気づき、慌てて下に降りたのですが、カメラを構えたら、ちょうど曲が終わってしまった…。
わかる?手前から2人目がコマツ。その奥の方は、ミスター激励会でも演奏してくださった方。
そういや、唄っていた方もあの時の女性だよね、コマツ?
a0050669_2023416.jpg


散髪して間もないのか、髪も少しすっきり気味。白の紋付き袴が似合ってます。
やっぱ、イベントではなくこういう場になると、きちんと正装するんだね。
スーツもいいが、和装もカッコイイよん。
a0050669_20272714.jpg


約5時間、約70人の唄を聴いたけど、まぁ、いろんな曲があるし、いろんな歌い方があるし、演奏者もいろんな方がいるし、飽きずに見て(聞いて)いられました。
たまには、民謡三昧っつーのもイイもんです。
by younotame | 2006-07-23 20:31 | ZERO GO CLUB
<< 買いました おはよー >>