ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

entry2 タテさんからのお便り

タテさんからお便りメールが届きました。
タテさんの引っ越し日は、あの大雪の日。
どうしたかなぁ…と、気にはなっていたのですが、連絡もしない薄情なあたし。
大変な目に遭いながら札幌に到着したようです。
-----
YEG加入中は大変お世話になりました。また、送別会の時にはお花や励ましの言葉、本当にありがとうございました。
私は、3月29日のあの十勝の大雪の日、日勝・狩勝・天馬峠も全て通行止めとなり、狩勝峠の途中から戻り、広尾えりもの黄金道路経由で、翌朝の4時30分に札幌に着きました。なごり雪というにはあまりにも激しい雪でしたが、一生の思い出になりました。
YEGも新年度スタートですね。それぞれの委員会で皆さん活躍のことと思いますが、くれぐれも飲みすぎで身体を壊さないようご自愛ください。
-----
タテさんの連絡先も聞いております。
札幌へ出張などで行かれる方、タテさんとすすきので遊んできてください。

3月29日といえば、あたしの車は自宅に帰られませんでした。
夕刻のラッシュ時間に、某所(柏林台)での打ち合わせを終え、そこの駐車場を何とか脱出し、帰路へ。ところが、不調気味だったワイパーがとうとう動かなくなり、運転席の窓を開け、手を伸ばし、スノーブラシでフロントガラスに付着する雪を除けながら運転。あの車、エンジンは後ろだし、フロントガラスが暖まるなんてことはなく、雪はどんどんボンネットやフロントガラスに積もっていくのです。
しかも、キャブがかぶっちゃったのか、途中でエンスト。何とか、エンジンは復帰し一安心。
で、新緑通りから右折して住宅街の路地へ入るのですが、道路の中央に分離帯のように積もった雪に、カメさん状態の車が1丁画の間に2台も。おいおい、あたしの車は大丈夫かよ〜。
右折したいところに信号はないのですが、ガソリンスタンドがあって車の出入りが多いせいか、何とか右折。ところが、右折し終えたとたんにタイヤをとられはまっちゃいました。
見かねたスタンドのお兄さんが「大みやちゃん、車置いてきな〜。歩いた方がいいよ〜」と優しい言葉をかけてくださり、お言葉に甘えちゃいました。
案の定、家の前の道路はひどい状態。わずか数十メートルの間に、ご近所さんの車が2台も立ち往生しておりました。スコップを持って、雪を除けたり、押したり、お手伝いしたのに、お向かいマンションの住人さんはお礼も言わず立ち去ってしまった。なんだかな〜。
それに比べ、やさしいスタンドのお兄さん。感謝です。こういうときこそ、安いセルフぢゃなくて、ご近所さんのスタンドを利用していて良かったなぁと思います。ウチの近所の北●石油さん、車に関して知識豊富でメカニックのようなお兄さんもいて、穴場ですぞ。
数日後、ピノキオのたい焼きを持ってお礼してきました。

それにしても、タテさんはこの数十倍も数百倍も苦労されていたのですね。お疲れさまでした〜。
by younotame | 2006-04-11 02:20 | ZERO GO CLUB
<< YEGなんてそんなもんよ ZERO GO CLUB en... >>