ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

美食デート。

金賀シェフが拵える美しく美味しいお料理が十勝から消えてしまう。
その弟子、奥山くんも十勝から離れてしまうという。
というわけで、ディナーを堪能しに「ビストロコムニ」さんへ。

まずはビールで乾杯。課外授業もちゃーんとKIRINっす。
a0050669_03216.jpg


生ハムとチコリーとなんたら。
a0050669_0332957.jpg


リンゴとセロリとカニのなんたら。
a0050669_0351766.jpg


ブロッコリーのシーザーサラダ。
a0050669_0361731.jpg


チキン(どこのだっけな?)のグリル。カボチャととかちマッシュも。
a0050669_037316.jpg


「地元の春ニラが入りましたからソースにしました」と金賀シェフ直々に運んできてくれた一皿。ニラのほろ苦さとホタテの甘さとホタルイカの風味と春菊の香りを楽しむお料理。
a0050669_038339.jpg


シェフお任せコースに追加した「くさなぎさんちの黒豚テリーヌ」。
a0050669_0411083.jpg


デザートはカボチャのプリン。カラメルソースとカボチャのバランスが絶妙。
a0050669_0435513.jpg



金賀シェフは料理学校を出ているわけでもないし、有名レストランで何年も修業を積んだ人でもない。「喜ばれる料理をつくりたい」という純粋な気持ちが多くの人に伝わったのだと思う。そして、食材を知り、その良さを活かすことへの情熱も。

時間をつくっては十勝管内の生産者(肉も野菜も)のところへ自ら出向き、生産者の思いを知り、生産物を見極め、素材を活かす料理に仕上げてきた。

何より調理人である前に人間であることを大切にする人。
「十勝をもっと知りたい」「十勝の人をもっと知りたい」と人脈を広げることにも積極的で、そんなところにも自分は惚れたんだ。

奥山くんに初めてであったのは別のレストラン。
その数ヶ月後にコムニさんで再会。「え?あのときの?」同一人物とは思えぬほどイキイキしていて表情が明るくてビックリ。確かに腕のいいシェフの元にいたけれど、このまま調理人を目指していいのか迷いもあったんじゃないかな、って思う。そんな彼を救い、能力を伸ばし、チカラを発揮できる場を与えたのは、紛れもなく金賀シェフ。サスガだなぁ、と思う。


彼らが去ってしまい、4月からは「新生コムニ」さんがスタートする。
東京の姉妹店からやってきた新店長はこれまたイケメン。初めての出逢いはお酒の席だったけれど、お店でのサービスぶりも気持ちがイイ。彼を中心にこれからの「コムニ」さんがどうなっていくのか見守りつつ応援していこうと思う。


これからの金賀シェフはどうなるの?はコチラで→click
by younotame | 2014-03-21 23:59 | etc... | Comments(0)
<< 指導。 紛失。 >>