ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

お野菜わしわし。

自分はトマトが嫌いだ。ちっちゃいころはトマトケチャップもイヤだった。
なので、母がつくるオムライスには兄用のケチャップがかかったやつと、あたし用のソースがかかったやつの2種類があった。なかのライスはオーソドックスな炒飯だったはず。

いまから10年ほど前だったろうか。
フリーライターとして活躍するようになり『ペニーレーン』さんを取材で訪問した。そこで「このトマトなら絶対に大丈夫だから食べてごらん」と差し出されたのが音更町の野菜農家なわてさんのミニトマト。恐る恐る口にして「美味しい!」と飛び跳ねるほどではなかったけれど、「あっ、これなら大丈夫!」とビックリしたものだ。そのころのなわてさんはトマトが主流だったけど、やがていろいろなお野菜を作るようになり、そのお野菜の大ファンになった。ビニールハウスを訪問していろいろお話しをお伺いしたこともある。あのお人柄もなんとも言えない良さなのだ。

ここ数年は、夏になると北の屋台の一角で直売をされていたが、今年からは直売はやめてしまう。わずか数時間だったけれど、直売に注いだエネルギーをきちんと野菜づくりに注ぎたいそうだ。新たなお野菜もつくりはじめるかも知れない。いつも、直売所で量り売りで少量ずつ買っていたあたしは淋しいけれど、ま、きのっ子ファーマーズで買えるのもあるから我慢しようか。

なんて、思っていたのだけど、なわてさんのお野菜がたっぷり味わえる一皿が出現。『ペニーレーン』改め『食事とカフェと』さんの『お野菜のプレート』。
a0050669_250337.jpg
『ペニーレーン』はオープンして23年目。オーナーご夫婦と子育て中のお嬢さんの3人で切り盛りしている。「からだにやさしい料理」というこれまでのコンセプトをキープしつつ、ご自身の年齢も考慮して、メニューや営業時間を見直し、店名までも変えてしまったそうだ。その思い切った行動から「これからも良い料理を提供し続けたい」という覚悟が窺える。
その辺の経緯はオーナーさんのブログでどんぞ→click

で、この一皿。
なんとお野菜が30種類以上。サラダのように見えるけど、ボイルあり、ソテーあり、グリルあり、マリネあり、ラタトゥイユあり……素材の旨みを生かしつつ、味付けやバランスにも気を配っているのがよくわかる。葉物野菜はほとんどがなわてさんちの。キュウリなど、まだ地元では収穫されていないものもあるけれど、根菜やきのこ類も含めて大半が十勝産のお野菜。これからの季節は十勝のお野菜100%になるだろうし、オーナーさんちの自家製ハーブも加わっていく。

そうそう、お嬢さんは母乳で子育て中なんだけど、ほかのお店で外食すると母乳の出が悪くなってしまうんだって。だけど、このお野菜を食べるとそんな心配は無用なのだとか。まさに「からだにやさしい料理」ってわけだ。『ペニーレーン』改め『食事とカフェと』さん。お野菜をわしわし食べたい方にオススメです♪

ところで、明日は某大物ミュージシャンのライブ。
朝から深夜まで会館にカンヅメ、なんとなーく過酷業務になりそうな気配。
このお野菜パワーで乗り切りまっせ。
by younotame | 2012-04-17 23:59 | etc...
<< 達郎さん。 ミルクのおいしさ、ぜんぶ。 >>