ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

越中富山大会。

日本YEG第31回全国大会越中富山大会が昨日からスタート。
大会コンセプトは「YEG一揆」、キャッチフレーズは「狼煙(のろし)を上げよ先用後利(せんようこうり)の越志(こし)の国から」。先用後利とは、「用いることを先にし、利益は後から」とした富山売薬業の基本理念らしい。必要なときに使って代金は後からという富山の薬売りの基礎みたいなもんか。詳しくは公式サイトで→click

その富山大会で、我らが帯広YEGのメンバーが見事に狼煙を上げてくれた。
a0050669_1483367.jpg
日本YEGの事業の中に「ビジネスプランコンテスト」というものがある。全国のYEGメンバーからビジネスプランを募り、日本YEGでスキルアップの手助けをするというもの。最終審査を経て、富山大会の場でグランプリの発表が行われた。帯広からは2プランが最終審査までノミネートされていて、そのうちの一つがグランプリに輝いた。その名も「真冬のマンゴープロジェクト」。そう、ここでも何度も紹介している十勝産マンゴー「白銀の太陽」のプロジェクトだ。会場で見届けられなかったことが残念だけど、凄い快挙だし、本当にウレシイ。

夕刻、受賞されたオノッチとワクワクさんと電話でお話ししたのだけど、二人の喜びいっぱいの声を聞いていて、思わず涙が出てしまったよ。オノッチもワクワクさんも、そしてこのプロジェクトに関わる全ての人たち、本当におめでとう。

そのマンゴーだが、1月にNHKニュースでも取り上げられていた。
WEBでも見られるので、是非アクセスを→click


全国大会が秋開催から冬開催に変更になって3年目だろうか。
とうとう、心配していたことが現実となった。寒冷地や豪雪地が開催地になった場合、アクセスに支障はないのか?と開催時期を変更する議論を重ねたときに、常に話題になったと聞いている。
帯広の先発隊は16日に富山入りしたのだが、大半のメンバーは本日の移動。朝イチで新千歳に行き、直行便での富山入りを計画。ところが、富山は夜明け前からの雪。「東京に降りるか札幌に引き返す」という条件付きでの離陸で、富山上空で旋回した挙げ句、新千歳にとんぼ返り。あちゃちゃ。結局、新千歳から小松へ飛び、陸路で富山入り。富山到着は大懇親会が終わるころだったようだ。道内の他の単会ともご一緒だったようだけど、残念ながら富山入りを断念した単会もある。なんとか到着できてヨカッタけれど、波乱の幕開け。この問題はこれからも議論されるんじゃなかろうか。

あーーー。富山行きたかったなぁ。
by younotame | 2012-02-17 23:59 | YEG
<< 美食。 ひな人形。 >>