ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

十勝人。

a0050669_417442.jpg
ジャージー牛を肉牛として育てている人がいるとは知らなかった。ジャージー牛といえば乳牛のイメージ。乳用にならない雄は道内で年間約250頭が処分されているらしい。そんなことも知らなかった。まだまだ知らないことが多いと改めて実感。

「牛も豚も人間がつくった経済動物。生まれてきた命はきちんと食べて、人の一部にしてやりたい」。この記事に登場されている方のコトバだが、とても共感できる。ジャージー牛を食すチャンスをつくらねば。

最近親しくさせていただいている蕎麦屋の店主は、「蝦夷鹿や熊は畑を荒らして生きている。仕留めた動物の胃には畑の作物が残っていたりする。そうやって生き延びた動物だからこそ、自分たちがきちんと食べてやりたい。それが食の恵みに感謝することだと思う」と言っていた。それも共感できる。

人に良いと書いて「食」。
人なくして、もしくは、良い行いがなくては、本物の食は生まれない。
食に感謝することは人に感謝するべきことだとも思う。
by younotame | 2012-01-14 23:59 | etc... | Comments(0)
<< 常磐。 ししゃも続報。 >>