ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

旧友。

a0050669_14410.jpg
a0050669_143238.jpg
中学の同窓会。
「お正月に同窓会をやろう」と浮上して4ヶ月あまり。
手当たり次第に連絡を取り合い、最終的に100名近くの所在が確認できて40名が集結した。幹事というか事務局を担うのは札幌在住者。なので、現地情報に詳しい一人としてほとんどホスト役状態。会場がマツウラさんのところだったから、最終人数の通知をギリギリまで待ってもらい、二次会会場は、同窓生の弟が営むDACKへ。三次会は踊りたいということでソウルトレイン。さらにはまだまだ歌いたいという連中を引き連れパコのタイムゾーン。そして拾丁目食堂で〆のラーメンと餃子。

西へ、東へ、南へ、と三方向に帰る連中をタクシーを拾って送り出し、お抱えドライバー氏にも大空まで走っていただいて、自分は一人いつもの店でドライバーさんの戻りを待つ。そんなんでまたもや徘徊時間は約11時間。

それにしも、よう集まったなぁ。遠くは東京から二人、奈良から一人。既にご実家が転居されていて、わざわざホテルを確保してやってきた人も多かった。大半は中卒以来、高卒以来の再会。みんな、変わったといえば変わっているし、変わっていないといえば変わっていない。意外な職業に就かれていたり、波瀾万丈の半生を送っていたり、40人それぞれが、それぞれの道を進んでいる。

そして不思議なのが、みんなすんごく仲がいい。いじめたり(からかったり)、いじめられたり(からかわれたり)、喧嘩したり、悪さしたりしていたはずなのに。で、学生時代にはクラスが一緒にならずほとんど交流がなかった人とも、本当に親しそうに会話が弾んでいる。なんとも不思議な時間だった。

改めて自分の行動を振り返ると、社会人になってからは中学時代の付き合いは皆無だった。高校も一緒だったごく数人との付き合いが続いているくらい。同じクラスでの集まりは1年に1〜2度くらいで続いていたらしいけど、数年前までよばれることもなかった。シゴトが忙しくて会う機会がなかったのもあるけれど、「よばれても自分は行かないよ」オーラを発していたらしい。確かに、そういう自分が存在していたのは事実。でも、ときには過去を振り返り、旧友と語り合うのも悪くない。28年という時間の流れがそう感じさせるか。それとも、自分も大人になったってことか。

それにしても、女の子たち、みんなオシャレ。
自分はいつものジーンズにTシャツスタイル。最初は「げっ」って思っちゃったけど、「そのスタイルがオオミヤらしい」と言われて、自分は間違ってなかったと確信。
by younotame | 2012-01-02 23:59 | etc...
<< 出会い。 初日の出。 >>