ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

取材と打ち合わせとスイーツ。

a0050669_2115432.jpg
昨日例会に遅刻した原因はコレ。
今日から始まった菊まつりの会場でトピアリーの仕上げ作業をしていたのだ。
トピアリーは梶尾花園さんの協力を得て、とデ振が製作している。ここ数年の恒例行事なのだが、実は参加するのは初めて。副会長という立場を担っている以上、放っておくわけにはいかない。YEGを犠牲にしてコチラを選択したというわけ。

デザイン&設計は士幌の北本善一さん(click)。
「命の水」をテーマにした水神の龍。
例年よりボリュームアップしたそうで、なかなかの迫力。だけど、龍の顔を正面から見上げるとお茶目な龍にも見えなくはない。

菊まつりに行かれたら、見事な菊の花だけではなく、このトピアリーにも注目してもらいたい。

近くにはアート展のコーナーもあるのだが、コチラは造形作家の大沼秀行さんの作品。
実は10年ほど前になるけれど、広小路で開催された大沼さんのアート作品の設営を手伝ったことがある。そういえば、あれは故さのまさのさんとのコラボだっただろうか。記憶が定かじゃないのがもどかしい。
大沼さんにも久しぶりにお会いしたが元気そうでなにより。


a0050669_2122418.jpg写真とは関係ないが、市内の某飲食店を訪問。小麦粉料理を得意とするお店だ。

以前訪問したときは、輸入小麦の価格高騰がメニューづくりに影響していると聞いた。今回は、十勝産小麦からホクシンが消えてしまうかもしれないことで、大幅にメニューが変わってしまうかもしれない、というお話し。小麦を取り巻く環境変化は農家だけではなく飲食店にも影響している。

そのお店でビートを食べさせてもらう。あの、てんさい糖の原料になるビート。ただ水煮しただけのものを食べさせていただいたが、見た目はカブのような感じで、食感や味はみずみずしいフルーツのよう。

通常のビートは薬の影響等で食べられるもんじゃないらしい。試験的に自家栽培しているから、こうして野菜として食べられるそうだ。葉っぱももちろん食べられる。見た目の通りホウレン草のような味わいだとか。


a0050669_2124728.jpg
打ち合わせでフローモーション(click)さんへ。
今日のツカコシ嬢気まぐれケーキは「渋川モンブラン」「紅玉のタルト」「かぼちゃプリンケーキ」。栗かかぼちゃか迷った挙げ句にかぼちゃプリンをチョイス。

モンブランも食べよっかなーなんて欲張りなことを考えていたら、「これ食べてみてください」と一口サイズのパウンドケーキが。今後想定されるバター不足を見越し、バターを使わないパウンドケーキの試作を重ねているらしい。バターの代わりにオリーブオイルを使ったものと、十勝産の菜種油を使ったもの、さらには菜種油使用の黒豆入り抹茶パウンドケーキ。
油の分量は改良の余地があるらしいが、素人なあたしにはどれも美味。ノーマルは菜種油のほうがいいかもしれない。クセがあるが、そのクセが個性になっている。コクも風味も悪くない。

それにしても、油が違うだけでこうも変わるものか。ツカコシ嬢曰く、その分量がちょっと違うだけでも仕上がりに大きく影響するらしい。お菓子づくりは本当に奥が深い。

先週の日曜日からスタートした「OBIHIROほっとマグフェスタ2011-2012」。公式サイトはコチラ→click
専用のマグカップでホットワインを呑もう!と昨年から始まったイベントだ。今年はお酒を扱う飲食店だけではなく、カフェや居酒屋など提供店舗が大幅に増えている。フロモもそのお店の一つ。ちょうど、このイベント用のドリンクもほぼ完成に近づいたそうで、コチラも試飲させていただく。因みに、マグカップ代もドリンク代も打ち合わせ相手のおごり♪

カップは左手に持つと手前に赤がメインの図柄、逆に右手に持つと緑の図柄。全体にシックな色合いがベースになっていてデザインはイイ感じ。去年のは赤がキツイというか派手すぎたように思う。持ってないけど。問題は、コレを持ち歩くかどうか、だ。たぶん、あたしは持ち歩かない。家でコーヒー用には使うだろうけど。

因みにフロモさんのこのマグカップ用メニューは、抹茶豆乳ラテ。フロモさんが使っているのは、あたしも贔屓にしている京都おぶぶ茶苑の抹茶。豆乳も飲みやすいものをセレクトしているらしく、美味。カラダとココロが温まる。

このマグカップ、シンゴんとことか、ジグザグとか、田五作とか、屋台にもある。見かけたら買ってみて。あたしとお揃いになるでよ。


明日はいよいよ道東道開通。
それに併せ、兄が帰省する。父の命日が近いからでもあるのだけど。夜のまちに繰り出したいようだが、シゴトが終わるのは21時くらい。待たせてしまうが、許しておくれ。
by younotame | 2011-10-28 23:59 | etc... | Comments(0)
<< 兄妹。 例会。 >>