ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

アナログ。

今日の正午からテレビがない生活に突入。
ま、ココに引っ越してきたときも、テレビはなかったし、なんとかなるさ。
(見かねた方が、小っちゃくて古いブラウン管を寄贈してくれたのだ)
テレビの音=時計代わり、っつー感じだったから、
それに慣れてしまっている感覚に戸惑うけどね。

もともとハイテクなものとかは苦手だし、アナログの世界に浸るわよ。

でも、お世話になっているお寺のご住職が安いチューナーを2台所有しているらしく、
「ひとつ貸してもいいよー」と言ってくださった。うーん、借りようかなぁ。

音がないのも淋しいなぁ、ってわけで、
久しぶりにiTunesを起動しようとしたら、ぬぉ? 開けません、ですと?
この間のOSバージョンアップが、こんなところにも影響していたとは……。
いろいろ試してみて、なんとか動くようにはなったけどね。


a0050669_0212157.jpg
今度の水曜日に迫った
劇団千年王國の音楽劇「イザナキとイザナミ〜​古事記一幕」。
6月に札幌のカメラマンさん(click)と偶然再会したときに、
「この写真僕が撮ったんですよ」とチラシをいただいていた。
芝居そのものについても見る価値ありと太鼓判を押されていた。

因みに彼とは10年ほど前に、撮影で帯広に来られたときに、
帯広在住のデザイナーを介して知り合った。出逢いは焼き肉屋。
「オオミヤと話が合うと思うよ」
そのとーり、音楽の趣味がモロ同じで意気投合したというわけ。
昨年春、某アーティストのライブを見に札幌へ行ったときも、
彼はカメラマンとして会場入りされていて、いやぁ、羨ましいっ☆

話が逸れちまったが、ちょうど水曜日の夜は会合もないし、
気になることと言えば原稿締め切り日ということだけ。
なので、たまには気分転換に舞台芸術でも鑑賞しましょう、と
会館勤務の愛人K氏にチケットの確保をお願いした。

夜になって、崇拝する麻里から
「あなたと呑みたがっている女の子がいる。水曜の夜はどう?」とメール。

あらら、タイミングが悪いこと。
芝居が終わってからの合流で了承していただく。

それにしても「女の子」。
これが「男の子」とか「紳士」とかだったら、芝居キャンセルだな(笑)

なぜに、オナゴにばかりモテてしまうん?
by younotame | 2011-07-24 23:59 | etc... | Comments(0)
<< 変。 紫陽花。 >>