ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

非日常。

a0050669_02552.jpg
音楽の現場に入る日々は、極々日常の一部であるはずなんだけど、
もう何年も、そういう現場に立ち入ることから遠ざかり気味だったあたしには、
非日常の感覚のほうが大きくなってしまっている。

この大型連休は、もちろんホテルのシゴトもあったし、執筆もあったし、
連休直前には超ビッグ空撮ミッションもあったし、某ビルへも出動した。
だけど、1日の「十勝音楽エイド」に始まり、一昨日から現場入りした「音inオベリベリ」。
それも終わって、なんだか一気に現実に引き戻されるような感覚がある。

左の写真は午前中に行われた合同演奏のリハの様子。
クニさんがアレンジしたThe Beatlesの「Hey Jude」を出演者総出で奏でる。
本来は、失恋から立ち直るんだ、というような意味合いの歌詞だけど、
歌い出しのセリフを和訳すると
  ヘイ、ジュード。落ち込むことないんだよ。
  悲しい歌でも気分次第で気が楽になるものさ。
という歌詞になる。こんな時勢にはピッタリなのかもしれない。

本番では、ステージ袖でオオミヤも「na na na,na na na na…… Hey Jude」の
リフレインを口ずさんでいた。

右の写真は帰宅したときの定点撮影。
昼から始まり夕方には終わるライブだったから、空が真っ暗になる直前だった。
西の空には細いお月さまが浮かんでいる。


ところで、本番スタートから1回目の転換でちょいとチョンボ。
まだまだだなぁ、あたしも。気遣い&気配り&配慮が足りず。
その後も演奏者側のちょっとしたトラブルが発生して慌てたりもしたけど、
そういう不測の事態が起こって、それを切り抜けるのが、これまた楽しい。

その存在を知っていても、きちんと聴いたことがなかったバンドとか、
楽器を奏でることは知っていたけれど、演奏しているところを初めて拝見した人とか、
いろいろな出会いと新しい発見が交錯。それもまた楽しい。


さて、頭とカラダとココロをちゃんと切り替えねば。
by younotame | 2011-05-08 23:59 | etc...
<< 春。 オベリベリ。 >>