ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

いよいよ本番。

同期の代表幹事にEくんが就いたのが、ちょうど一年前。
その彼から「懇親会はオオミヤに任せたい」とご指名いただいたのが11ヶ月半ほど前。
まぁね、前職が前職だし、パーティーへの参加も多いほうだし、
なにかしらの役割は回ってくるだろうと思ってはいたし、想定範囲。

だけど、仕事で請け負うのと、
こうして引き継がれている事業を担当幹事として担うのは、意味合いが違うし、
周囲は慣れていない人が大半なワケで、そういう意味ではYEGの事業に近いかも。

自分としては、与えられたこと、自分がやると言ったことは、ちゃんとやろう。
そんな意識で、広告集めも頑張ったし、懇親会の準備も頑張ってきたつもりだ。
あ、チケット販売だけは、思うように業績が伸びずだったけれど。

それと心配だったのは、会議に参加できていないこと。
ちゃんと会議に参加できたのは、一番最後の直前の会議のみ。
会議に参加できなくても呑み会には顔を出してきたけれど、
呑み会はクラス単位で集まることが多かったから、
他の役員や他のクラスの人たちとのコミュニケーション不足は否めない。
そんなあたしがパーティーを仕切り、みんなに指示を出していく。
どうも信用に欠ける立場であることは一目瞭然。それだけが気がかりだった。

a0050669_2359201.jpg
シナリオもスタッフになるメンバーへ配るレジメもバッチリ(のはず)。
パワーポイントも自分では納得のデキ。操作する人用の資料もバッチリ(のはず)。
パワーポイントはオオミヤなりのこだわりがあって、白画面はNG。
スクリーン自体が明るすぎて巨大照明機器になりかねないからね。
昨年までの先輩が作ったデータももらっていたけれど、
使っている色といいフォントといい見づらいったらありゃしない(先輩スミマセン)。
結局、一から作り直した。

a0050669_032886.jpgこちらの写真は、Twitterで市内の農家の跡取り息子タカヨシくんがアップしていたものを拝借。

いつもなら、この正面のステージはもっと大きくて、ここに吹奏楽部のメンバーがズラリと並ぶ。だけど、今回は土曜日開催ということもあってコンクールと重なってしまい出演キャンセルという事態に。
a0050669_061515.jpgさぁ、どうしよう。

苦肉の策でビデオレターという形で生徒たちのメッセージをいただくことが実現できたのだけど、何かインパクトがあるオープニングを演出したい。ちゃんと開会宣言もやりたい。
というわけで、G氏にお願いしてG氏の会社で導入したばかりのジェットロスコというスモークマシーンをお借りし、音と煙で何とかすることにした。そしたっけ、ホテルサイドのほうも「それならうちも協力させてください」と、照明の演出を買って出てくださり、最高のオープニングを飾ることができた←自画自賛。

それと、もう一つやりたかったのは、甲子園に出場したことのご報告。
後輩も誘って、実際に24年前甲子園に行った応援団を再結成しご紹介。この時のMCもよかったと思う←またもや自画自賛。

最初のスピーチが若干押してしまったことは想定範囲。
だけど、〆はピッタリ予定通りの時間で、これにはホテルスタッフもビックリ。
そりゃそうだ、あたしが仕切っているんですもの。おほほほ。

土曜日だけど人は集まるのかなぁ?
同窓会役員の重鎮が役員を降りたけどその影響はどうなの?
等々の不安要素も多かったけれど、蓋を開けてみれば用意した席はほぼ全席が埋まり、
うちら第37期の同期も150人近くが集まったんじゃなかろうか。合計すると800人近く?

たくさんの人から激励をもらい、
終了後は「よかったよ」「素晴らしかったね」と声をかけてもらい、
そして同期のみんなからは「オオミヤお疲れっ」と労ってもらい、
あーーーやってヨカッタ、三条高でヨカッタ、常磐でヨカッタ、37期でヨカッタと実感。
高校生時代の思い出は学校生活よりも当時の彼との思い出ばかりで、
どちらかというと高校生らしい思い出は少ないあたしだけど、
高校生時代があったからこそ、こうして新しい思い出が一つ増えたよ。ありがとね。


で、このあと、二次会、三次会、四次会へと流れるわけだが、悲しいことにノンアルコール。
だって、翌日朝7時からシゴトなんですもの……(涙)
by younotame | 2011-01-15 23:59 | etc... | Comments(0)
<< ONE。 本番前日。 >>