ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

久しぶりの例会。

先月は日曜日だったし、先々月はシゴトで出席できなかったし、
その前もシゴト優先で出席できなかったし……、とにかく久しぶりの例会。

今回は、市やとかち財団の職員を招いて
帯広市産業振興ビジョンや十勝ブランドについての勉強会。
実はあたし、産業振興ビジョンを策定するために組織されていた
帯広市中小企業振興協議会のメンバーだった。
経営基盤・人材部会というあたしには相応しくないような委員会で、
いろいろ議論を重ねていた一人なのである。
それから2年以上が経過し、市の産業振興ビジョンがどう進化しているのか興味があった。

帯広YEG規約の目的には、「地域振興、企業の発展に寄与する」とある。
歴代の会長が掲げてきたスローガンや会長所信にも同じようなフレーズが並ぶ。
だけど、どうだろう?
本当に寄与できる行動がなされているのだろうか。
それは、いつも疑問に感じていたことで、今回もその疑問が膨らんでしまった。

確かに、個々のビジネスにプラスになることはいろいろと取り組みがなされているけれど、
「地域振興」というところが、YEGだけの自己満足のように思えてならない。
地域のことを考えるときに、行政や関係団体を無視することはできないと思うんだけど、
行政が今何をやっているのか、他の団体が今何をやっているのか、
そういうことを知ること、知ろうとすること、希薄すぎるような気がする。
コバちゃんが会長のときに取り組んでいた「分科会」のような活動が、
現在にも引き継がれていれば、あたしの疑問は薄れていたかもしれない。

例会の中で「共育」という言葉がでた。
22年前にYEGが創立されたときの理念だそうだ。
「共に育む」。
それはYEG内だけのことではなく、行政だったり、他の経済団体だったり、
いろいろな人とスクラムを組んで、「共に地域をよくするための行動」なのだと思う。



さて、次年度会長にナリちゃんが承認された。
一度燃え尽き、YEGを離れて淋しさを感じ、再び一線に立って活躍しているナリちゃん。
過去にも、そういう経験をした会長がいたなぁ。休会まではなかったけど。ね?

これからの帯広YEGは、どういう道を歩んでいくのだろう。
自分の中では期待と不安と迷いが交錯する。



例会、臨時総会、次年度会長を祝う祝賀会のあとは一人で夜のまちへ。
どうも、最近連んで呑むのが苦手になりつつある。
うちの委員会にも飲み屋さんがあるんだけど、未だに行ったことがなかったりして。

一人で呑んでいたら、匂いをかぎつけた大先輩の某氏が登場。
更には、カワイイ後輩くんも。
次代を担う後輩くんに、自分が思っているYEGのことを話せてヨカッタ。


そんなこんなで、結局、午前3時。
by younotame | 2010-09-25 23:59 | YEG | Comments(0)
<< 母と伯母の珍道中。 イワクラさん。 >>