ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

扇風機がやってきた。

a0050669_1041674.jpg昨日のぐずついた天気から一転し、今朝は快晴。朝っぱらから五段雷花火が打ち上がる。どうやら、隣の保育園で運動会っぽい。


昨日の昼は久しぶりにハンバーガー。年に数回、たま〜にだから旨く感じてしまう。昔はこの手のポテトが好きだったけれど、なんだか油っぽさが際だってしまって、食べきれなかった。セットのバリエーションが他にもあればいいのに。
いや、他にもあるのかもしれない。だけど、あのレジの前に立ってしまうと、急かされているような気になってしまって、じっくり品定めできずに注文してしまうのである。


監督から「扇風機くらい買えば?」とメールがきたが、この数日のあたしに見かねた方が「こんなのでも良かったら使って」と物置の奥から取り出したのは、昭和の匂いプンプンの扇風機『ナショナル卓上扇F-20A1G』。いつの製造なのか調べてみたが不明。きっと1970年代ではなかろうか。
首を振ったり、強弱がついたり、なんて機能はもちろん無い。だけど充分。


夜は愛人A氏と定例デート。月1の予定なのに2ヶ月半ぶりくらい。
シゴトのこと、まつりのこと、地域振興のこと、そして時事ネタ。話が尽きない。
愛人K氏じゃないが、男女間の友情って成り立つんだなぁ、と、やっぱり実感。

いつもなら、酒を呑まぬA氏が迎えに来てくれて、彼の車で飲食店に乗り付ける。
夕べも部屋にいたらエンジンの轟音が聞こえて(そういう車なのだ)、あ、来た来た、と思って玄関を出たら、「タイヤの調子が悪いからオオミヤの車で行くべ」と。
いいよ〜ん、って出かけたはいいけれど、店に入って席に着いてから「あたし呑めないやん」と気がつく。結局、帰りはヤツが運転することになって呑んだんだけど、その帰り道がめっちゃ笑えた。ギアは入らないしエンストはするし、雄叫びはあげるし。

久しぶりに他人に自分の車を運転させたが、如何に自分の車が特殊なのかを再認識。
「こいつを乗りこなすお前は凄い」と言われたが、褒め言葉として受け取っていいんか?


そうそう、BPCのこと。
ヤツのシゴトとも少し関係あるので「商売として成り立つか?」と聞いてみた。
う〜ん微妙。課題は多い。
by younotame | 2010-09-04 10:35 | etc...
<< 姪からの朗報。 失態。 >>