ブログトップ | ログイン

ZERO GOoooooooooooooooo CLUB

younotame.exblog.jp

快晴の金曜日。

a0050669_8475061.jpg日の出から日没まで、きれいな青空が広がった一日。

昼を過ぎると空が白くなってきたり、薄い雲が広がってくることが多いのだけど、そんな減少もなく。上空は晴れていても遠方の山々が霞んでいたりすることを、うちらの専門用語では「視程が悪い」というのだが、見事な視程の良さ。こんな日に空を飛べたら最高だろうなぁ。

O社のシゴトやら、NCさんでの打ち合わせ(盆おどり)を終え、夕方18時頃に帯広神社へ。

御鎮座100周年ということで、6日から3日間、奉祝祭を開催している。現場に張りついているG氏に、どうしても確認したいことがあって、顔を出したのだが、ちょうど「雅楽の夕べ」というステージをやっているところだった。
その音自体は、何度も耳にしているし、たまたま宮内庁の雅楽団に所属していた経験を持つ方にお会いし、鳳笙を見せていただいたことがある。音を鳴らすための呼吸で内部が結露するらしく、演奏するときは傍らに電気コンロのようなものを置いて温めていた。楽譜もまるで未知の世界の暗号のようなものだった。その時に聴いた演奏は、MDに録音された音源に合わせて鳳笙を奏でるというもの。なので、こうした雅楽団と舞楽を間近で見るのは初めて。厳かな空気が漂っている。

調べてみると、現存する合奏音楽としては世界最古のものらしい。だけど、楽器の製造者がごく僅かで、技術が伝承されていなかったり、演奏者自体も減少しているそうだ。もともとは中国やベトナムから伝わってきたものらしいが、日本の雅楽がもっと身近で親しみやすいものであり続けて欲しい。


で、この奉祝祭。
7日からは大骨董市があり、元北海道YEG会長も出店。
ちょうど設営を終えたところに遭遇できた。
同じく7日にはコマッチのステージ。
そして味覚のコーナーではマサキのクレープ。
最終日には奉祝花火。
とにかく、盛りだくさんなのである。


みんな神社へGO!! と言いたいところだが、
実際にこれを書いているのは9日の朝なんだなぁ(汗
by younotame | 2010-08-06 23:59 | etc...
<< 猛暑に泣いた土曜日。 衝動買いの木曜日。 >>